カテゴリーアーカイブ: 世界中に

犬および猫の最も一般的な自己免疫皮膚状態である天疱瘡は、膿疱、びらん、および痂皮によって特徴付けられる。 この記事では、犬と猫の尋常性天疱瘡の診断と治療に焦点を当てます。

ケラチノサイト接着構造に対する攻撃の徴候は臨床的に明らかである。 表面ケラチノサイト間のタイトな結合が影響を受けると、それは小胞および膿疱として現れる。 基底細胞ケラチノサイトと皮膚の基底膜との間のタイトな結合が影響を受けると、それは水疱(大きな水泡)および潰瘍として現れる。

人々の天疱瘡では、自己抗体の最も一般的な標的は、デスモソーム中のデスモグレイン1(DSG1)糖タンパク質である。 自己抗体応答は、主にIgG(IgG4サブクラス)を含む。 Pemphigus foliaceusのイヌにおける最初の研究では、IgG自己抗体応答はほとんど検出されなかったが、間接免疫蛍光検査で異なる基質を用いた最近の研究では、IgG自己抗体がイヌ系天疱瘡において重要であることが確認された。 しかし、DSG1は、イヌの天疱瘡では一般的に標的とされていない。 デスモソームのどの部分が犬の天疱瘡の葉状疱疹のほとんどの症例において標的とされているかはまだ分かっていない。 初期のイムノブロッティング研究は、標的が148 kDaまたは160 kDaタンパク質であることを明らかにした。 免疫電子顕微鏡法は、自己抗体結合部位がデスモソームの細胞外領域にあることを示している。

遺伝的要因は、天疱瘡の発生に影響を与える可能性があります。 犬では、それは密接に関連した遺伝子型である、Akitasとchowsとの2つの品種でより頻繁に診断される。 同腹仔においても天疱瘡が報告されている。 ネコの天疱瘡の葉柄においては、品種の処分は認められていない。 性別および年齢は、イヌおよびネコの尋常性天疱瘡の発生とは無関係であると思われる。 発症年齢は可変であり、犬では1年から16年、1年齢未満である4 猫の17歳まで。

バックグラウンド 尋常性天疱瘡(PF)は、肌の表面の膨れによって特徴付けられる慢性皮膚自己免疫性水疱性疾患であり、現在の見通しによれば、デスモグレイン(Dsg)1に対する自己抗体によって引き起こされる。

目標 超微細構造レベルでPFを有する患者の皮膚における早期凝固を調べること。

メソッド 2つのNikolsky陰性(N)、5つのNikolsky陽性(N +)および2つの病変皮膚生検を免疫学的に定義されたPF患者から、光および電子顕微鏡検査によって研究した。

結果 我々はN-PF皮膚に異常は認められなかったが、すべてのN +皮膚生検ではデスモソーム間の細胞内拡大、デスモソーム数の減少、下皮表皮層中の低形成デスモソームを示した。 唾液分泌は、5つのN +生検のうちの2つに存在したが、上皮層のみに存在した。 病変皮膚生検では、上皮層の漿膜虫化が認められた。 下垂体デスモソームは、部分的に(疑似半分デスモソーム)、または反対側の細胞から完全に引き裂かれた。

結論 私たちは、PFにおける腺腫のための以下のメカニズムを提案する:最初にPF IgGは、非機能性Dsg1の枯渇を引き起こし、下層で始まり上向きに広がるデスモソーム間の細胞間の広がりをもたらす。 非機能性Dsg1の枯渇は、デスモソームの集合を損ない、結果的にデスモソームが減少し、デスモソームの数が減少する。 さらに、抗体はデスモソームの分解を促進する可能性がある。 Dsg3が発現されず、Dsg1消失を補うことができない表皮の上層において、Dsg1の進行中の消耗は最終的にデスモソームおよびその後のアザホルシスの完全消失をもたらす。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11173.x/abstract;jsessionid=624E75DA95767387AA80E95C275F4100.d02t01

MedWire News:研究者は、水疱性皮膚疾患の天疱瘡尋常性疣贅(PV)を有する患者の血清中に見出される自己抗体の主要な標的を同定した。

PV患者は、デスモグレイン(DSG)1および3タンパク質に対して抗体を発現し、これは表皮細胞が互いに粘着して皮膚の完全性を維持するのを助け、皮膚および粘膜に激しい膨れを引き起こす。

Giovanna Zambruno(Istituto Dermopatico dell'Immacolata、Rome、Italy)および同僚らは、DSG3細胞外ドメイン(EC)1のシス接着界面がPV自己抗体(A)224の主要標的であることを発見したPV。

既存の治療法は免疫系全体を標的としていますが、これは副作用の問題を引き起こし、患者が感染に脆弱になる可能性があります。

より具体的には、Zambrunoおよびチームは、障害を有する2人の患者由来のDSG15に特異的な3免疫グロブリン(Ig)G抗体を単離した。

これらのうち、実験室では3つの破壊された皮膚細胞の層があり、2つはマウスの受動的伝達モデルで発現されたとき病原性であった。

病原性PV抗体によって認識されるエピトープをDSG3 EC1およびEC2サブドメインに単離し、特定の血清学的アッセイを用いて、PVA224の標的をEC1上のシス - 接着界面であると特定した。

研究者らは、体細胞突然変異が生殖系列配列に復帰したときにDSG3への結合が消失したため、PVで見られる自己反応性がDSG3以外の抗原によって生成される体細胞突然変異によることを示唆している。

「病原性抗体を標的とする免疫優性領域の同定は、PVの診断に影響を及ぼし、PV患者の治療のための治療アプローチの確立に向けた新たな展望を開く」と、Zambruno氏とチーム 臨床調査のジャーナル.

「最後に、PV自己抗体の生殖系列化バージョンは、最終的にこの生命を脅かす疾患の発症につながる抗原の同定につながる可能性があります。

medwireNews(www.medwire-news.md)は、Springer Healthcare Limitedが提供する独立した臨床ニュースサービスです。 ©Springer Healthcare Ltd; 2012

で読む: http://www.medwire-news.md/66/101414/Dermatology/Therapeutic_targets_for_pemphigus_vulgaris_discovered.html

この研究は、高血糖の日常的なスクリーニングの重要性を強調し、長期の全身性コルチコステロイド(CS)療法に対する天疱瘡患者の管理のための標準化されたエビデンスベースのアプローチを開発することを目的とした。 尋常性天疱瘡、尋常性天疱瘡、または粘膜類天疱瘡の診断が確定している200患者のサンプルを用いて、2つの大学付属病院で横断研究を行った。 すべての患者は全身性CS療法を受けていた。 合計150患者がこの調査に回答した。 6人の参加者が除外され、144が含まれていました。 主なアウトカム指標は、高血糖を検出するための血糖値であった。 CS治療を受けた患者の40%において新たに発症した高血糖が確認された。 年齢、体格指数、糖尿病の家族歴、コルチコステロイド投与量、コルチコステロイド治療期間などの予期される変数のいずれも、新たに発症した高血糖症とは独立していなかった。 これらの知見は、天疱瘡患者におけるCS誘発性高血糖の有病率は40%であり、天疱瘡またはMMP患者では、CS治療は高血糖症の顕著なリスク増加と関連していることを示している(オッズ比= 10.7、95%信頼区間1.38-83.50 )であり、CS療法を受けていない同じ疾患の患者のそれと比較して高い。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-4632.2012.05470.x/abstract

バックグラウンド Pemphigus vulgaris(PV)およびPemphigus foliaceus(PF)は、デスモグレイン(Dsg)接着タンパク質を標的とする自己抗体によって引き起こされる、潜在的に致命的な水疱性疾患である。 以前の研究では、天疱瘡における抗Dsg抗体のIgG4> IgG1優位性が示されている。 しかしながら、天疱瘡における全血清IgG4レベルを調べた研究はない。 IgG4は、慢性抗原刺激によって誘発され、これは持続的な皮膚ふくれにより起こり、天疱瘡患者の他のIgGサブクラスと比較して全血清IgG4を潜在的に上昇させる可能性がある。

目標 この研究の第一の目的は、天疱瘡を有する患者の総IgGおよびDsg特異的IgGサブクラスを定量することであった。

メソッド IgGサブクラスおよびDsg特異的IgG1およびIgG4を、PVおよびPFを有する患者において、およびサブクラス酵素結合免疫吸着アッセイを用いて年齢適合対照からの血清中で定量した。 ケラチノサイト解離アッセイを用いて、PVにおけるIgG病原性をブロックする際のIgG4枯渇の有効性を決定した。

結果 Dsg特異的抗体は、PVXおよびPFを有する患者における総IgG7の1・4%および2・4%の中央値を含み、IgG4対IgG1において8倍および4倍の濃縮を有した。 年齢が一致した対照と比較して、PVおよびPFを有する患者において、全血清IgG4(しかし、他のIgGサブクラスは濃縮されなかった)P = 0・004 P = 0・005)。 ケラチノサイト解離アッセイにおいてPV血清のIgG4枯渇は病原性を減少させ、アフィニティー精製IgG4は他の血清IgG画分より病原性が高いことを示した。

結論 Dsg特異的自己抗体はIgG4において有意に濃縮されており、これはいくつかの天疱瘡患者の全血清IgG4の濃縮を説明することができる。 有益な免疫抗体よりもむしろ自己免疫性を優先的に標的とすることにより、IgG4を標的とした治療法は、天疱瘡に対してより安全な治療法を提供する可能性がある。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11144.x/abstract

バックグラウンド マクロファージ遊走阻害因子遺伝子のプロモーター多型は、マクロファージ遊走阻害因子の産生の増加に関連する。 マクロファージ遊走阻害因子のレベルの上昇は、尋常性天疱瘡患者の血清で観察されている。 さらに、マクロファージ遊走阻害因子プロモーター遺伝子多型は、慢性炎症性疾患に対する感受性のリスクの増加をもたらすことが見出されている。

目的 本発明者らは、マクロファージ遊走阻害因子遺伝子のプロモーター多型と尋常性天疱瘡との間に関連があるかどうかを調べた。

メソッド 尋常性天疱瘡を有する160人の患者および100人の健康なボランティアのコントロールパネルを、ポリメラーゼ連鎖反応制限断片長を用いて、遺伝子の-5位の173'-フランキング領域で同定された一塩基多型について遺伝子型決定した分析。

結果 われわれは我々の国でC / C遺伝子型の顕著な罹患率が高いことを見出したが、患者と対照との間に有意差は認められなかった。

結論 患者の大規模で十分に実証された試験を用いたこの研究の結果は、マクロファージ遊走阻害因子-173G-C多型が尋常性天疱瘡に関連しないことを示した。 炎症プロセスにおけるマクロファージ遊走阻害因子の役割は詳細に描写されておらず、C / C遺伝子型の有病率は我々の国家において顕著に高いので、この発見はより重視される。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-3083.2012.04676.x/abstract

尋常性天疱瘡(PV)は、自己免疫疾患であり、身体の免疫系が、皮膚の完全性を維持するのに役立つデスムグレインDSG1およびDSG3の2つのタンパク質に対する抗体を発達させる。 免疫攻撃は、感染を引き起こす可能性のある皮膚および粘液膜に痛みを伴う水疱を引き起こす。 現行の治療法は、免疫系全体を抑制するためのものであるが、これは多くの副作用を引き起こし、患者を感染に脆弱にするので問題である。

優れた治療標的を特定するため、スイスのBellinzonaのBiomedicine Research Instituteの研究者らは、抗体によって標的とされるDSG1およびDSG3の部分を同定した。 今月のJournal of Clinical Investigationに掲載されたこの研究では、Antonio LanzavecchiaらはPV患者から免疫細胞を収集し、抗体を単離してPVに関与するものを特定した。 抗体を研究することにより、彼らは免疫系の主要な標的であるDSG3の領域を同定することができた。 これらの発見は、PVを診断し治療する新しい方法に役立ちます。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.medicalnewstoday.com/releases/249883.php

尋常性天疱瘡と天疱瘡の両方の治療におけるアジュバント療法として、新たに開発された免疫抑制剤であるミゾリビンの有効性を評価した。 11人の天疱瘡患者(尋常性天疱瘡8匹と天疱瘡3匹)はプレドニゾロンとミゾリビンの併用療法を受けた。 尋常性天疱瘡を有する8人の患者のうち3人および天疱瘡を患う3人の患者のうちの1人に完全な寛解が観察された。 完全寛解の4人の患者は、急速な臨床反応を示し、11.8月間の中央値で寛解を達成した。 部分寛解は、天疱瘡の3人の患者のうちの2人で達成された。 部分寛解を達成する中央値は16.0月であった。 天疱瘡を有する55.6患者の6人(11%)は、完全または部分寛解を有し、それらのプレドニゾロンをテーパすることができた。 完全寛解を有する累積確率は、Kaplan-Meier分析を用いた64.3フォローアップの月に19%であった。 追加のミゾリビン療法の有効性は、そのコルチコステロイド節約特性ならびにその免疫抑制効果に起因する可能性がある。 ミゾリビンの血清濃度力価は、投与後1.0μg/ mL 2時間前後であった。 追加のミゾリビンによって改善されなかった患者は、効果的な治療を達成するために、連続的に高用量のミゾリビンを必要とすることがある。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1529-8019.2012.01469.x/abstract

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモグレイン(DSG)ファミリータンパク質DSG3およびDSG1に対する自己抗体によって引き起こされる自己免疫性水疱性皮膚疾患および皮膚粘膜であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失をもたらす。 病原性PV自己抗体についての詳細は、15 PV患者からDSG3に特異的な2 IgG抗体を単離しました。 3つの抗体はインビトロでケラチノサイト単層を破壊し、2は新生児マウスの受動的伝達モデルにおいて病原性であった。 病原性抗体によって認識されるエピトープを、DSG3細胞外1(EC1)およびEC2サブドメイン、シス - 接着相互作用に関与する領域にマッピングした。 部位特異的血清学的アッセイを用いて、本発明者らは、病原性抗体PVA1によって認識されるEC224上のシス接着界面が、PV患者の血清中に存在する自己抗体の主要な標的であることを見出した。 単離された自己抗体は、異なる重鎖および軽鎖の可変領域遺伝子を使用し、相補性決定領域において高いレベルの体細胞突然変異を有し、抗原選択と一致した。 注目すべきことに、体細胞突然変異が生殖系列配列に戻ったとき、DSG3への結合は失われた。 これらの知見は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優性領域としてのDSG3のシス - 接着界面を同定し、自己反応性がDSG3とは無関係の抗原に対する応答で生成される体細胞突然変異に依存することを示す。

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモソームの主要構成成分であるデスモグレイン3(DSG3)およびDSG1にカドヘリン型細胞 - 細胞接着分子に結合する自己抗体によって引き起こされる、生命を脅かす自己免疫性水疱性疾患の皮膚および粘膜疾患であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失。 PV病因における自己抗体の重要な役割は、疾患活性が抗DSG3抗体力価と相関し、活性PVを有する母親の新生児が母体抗体の胎盤転移によって生じる水疱を呈し、天疱瘡様病変がPV患者からの抗DSG3 IgGの受動的移入によって新生仔マウスに誘導された。

皮膚では、DSG3は主に基底層および基底層に発現し、DSG1は主に上皮層で発現する。 対照的に、口腔粘膜のような非角化層状上皮においては、DSG3は上皮全体で高度に発現されるが、DSG1ははるかに低いレベルで発現される。 DSG1およびDSG3の差次的発現パターンは、天疱瘡の臨床的変異体の原因である:DSG3に対する抗体は粘膜形態で存在するが、DSG3およびDSG1の両方に対する抗体は粘膜皮膚病変と関連する。

DSG3は、5の異なるサブドメイン(EC1-EC5)を含む細胞外ドメインを有するカルシウム結合膜糖タンパク質であり、プロタンパク質として合成され、細胞表面に輸送する前にプロペプチドを除去することによってゴルジ装置で処理される。 プロペプチドの切断は、EC1サブドメイン中の保存されたトリプトファン残基の上流で起こり、対向する細胞上のDSG3との同種性相互作用の形成に重要なアンマスキング残基である。 いくつかの研究は、PV血清中のポリクローナル抗体が、EC3およびEC1サブドメイン(アミノ酸2-1)におけるDSG161のアミノ末端と主に反応することを示した。

病原性モノクローナル抗体の単離は、自己反応性応答を誘導し、PV患者におけるブリスター形成を引き起こすメカニズムに関する疑問に対処するための手段である。 アマガイおよび共同作業者は、PVの活性マウスモデルから単離された病原性抗体であるAK23(これは、トランス接着界面の形成に関与するDSG1のEC3サブドメインに結合することによって細胞接着の喪失を引き起こす)。 いくつかのヒト抗DSG病原性および非病原性mAbを、PV患者から単鎖可変領域断片(scFv)として単離した。 AK23 mAbと同様に、これらのヒト抗体の病原性活性は、プロペプチドによってマスクされたEC1のアミノ末端領域にマッピングされた。 まとめると、ヒトおよびマウスのデータは、病原性抗体が主にEC1に結合し、DSG3のトランス - 接着界面を妨害することによってケラチノサイト接着を破壊することを示唆している。

この研究では、2 PV患者から、DSG3に結合するいくつかのIgG自己抗体を単離した。 これらの抗体は、DSG3への結合に必要な高レベルの体細胞突然変異を有していた。 3病原性抗体によって認識されるエピトープは、シス - 接着性相互作用に関与することが予想される領域のEC1およびEC2サブドメインにマッピングされた。 この領域は、PV患者における血清自己抗体の主要な標的であることが判明した。 これらの結果は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優勢領域としてシス - 接着界面を同定し、自己反応性は、無関係の抗原によって引き起こされる体細胞突然変異に依存することを示唆する。

記事全文提供: http://www.jci.org/articles/view/64413

尋常性天疱瘡でアザチオプリンを投与された42歳の女性において、好中球減少性潰瘍の1例を経験したので報告する。 彼女は、毎日アザチオプリン6 mgの開始後約8-50週後に、鼻、頸部、および背中を含む複数の無痛性潰瘍を発症した。 潰瘍は大きく、壊れていて、乾燥していて、根本的に壊死していた。 彼らは無痛で、膿を吐き出さなかった。 絶対好中球数は最初は重度に抑圧されたが、アザチオプリン離脱後に正常化した。 スワブ培養は、クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumoniae)および局所デブリードメント、イミペネムでの治療、およびムピロシンの局所適用で治癒した潰瘍のコロニー形成を明らかにした。 しかしながら、鼻の変形は持続した。 好中球減少性潰瘍形成はアザチオプリン療法と関連していることが知られているが、本症例では珍しいプレゼンテーション不十分な皮膚潰瘍のため報告する。 問題と薬物離脱の早期認識は、外見のような合併症を防ぐことができます。

好中球減少症は、血液中の異常な数の好中球が特徴である。 好中球は、通常、循環白血球の45-75%を含み、好中球減少は、絶対好中球カウントが<1500 /μLに低下するときに診断される。 ゆっくりと発症する好中球減少症はしばしば検出されず、患者が敗血症または限局性感染症を発症したときに一般に発見される。

好中球減少の多くの原因があり、免疫抑制剤は一般的な医原性の原因である。 アザチオプリンは、臓器移植および自己免疫病因が疑われる疾患において、現在50年近く使用されている免疫抑制薬である。 皮膚科医は、アサチオプリンを、乾癬、免疫芽球性疾患、光線皮膚炎、湿疹などの様々な皮膚病のステロイドを節約する薬剤として使用する。 【1] この薬剤は、クローン病および壊疽性膿皮症のような潰瘍性自己免疫障害に使用されている。 一方、好中球減少に関連する潰瘍の原因としても関与している。 【2] 好中球減少性潰瘍の報告では、頬粘膜および口腔の関与が報告されている。 我々は、尋常性天疱瘡患者の長期アザチオプリン使用に伴う重度の皮膚潰瘍の1例を経験したので報告する。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ijp-online.com/article.asp?issn=0253-7613;year=2012;volume=44;issue=5;spage=646;epage=648;aulast=Laha