カテゴリーアーカイブ: ニュースと情報

尋常性天疱瘡(PV)は、自己免疫疾患であり、身体の免疫系が、皮膚の完全性を維持するのに役立つデスムグレインDSG1およびDSG3の2つのタンパク質に対する抗体を発達させる。 免疫攻撃は、感染を引き起こす可能性のある皮膚および粘液膜に痛みを伴う水疱を引き起こす。 現行の治療法は、免疫系全体を抑制するためのものであるが、これは多くの副作用を引き起こし、患者を感染に脆弱にするので問題である。

優れた治療標的を特定するため、スイスのBellinzonaのBiomedicine Research Instituteの研究者らは、抗体によって標的とされるDSG1およびDSG3の部分を同定した。 今月のJournal of Clinical Investigationに掲載されたこの研究では、Antonio LanzavecchiaらはPV患者から免疫細胞を収集し、抗体を単離してPVに関与するものを特定した。 抗体を研究することにより、彼らは免疫系の主要な標的であるDSG3の領域を同定することができた。 これらの発見は、PVを診断し治療する新しい方法に役立ちます。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.medicalnewstoday.com/releases/249883.php

尋常性天疱瘡と天疱瘡の両方の治療におけるアジュバント療法として、新たに開発された免疫抑制剤であるミゾリビンの有効性を評価した。 11人の天疱瘡患者(尋常性天疱瘡8匹と天疱瘡3匹)はプレドニゾロンとミゾリビンの併用療法を受けた。 尋常性天疱瘡を有する8人の患者のうち3人および天疱瘡を患う3人の患者のうちの1人に完全な寛解が観察された。 完全寛解の4人の患者は、急速な臨床反応を示し、11.8月間の中央値で寛解を達成した。 部分寛解は、天疱瘡の3人の患者のうちの2人で達成された。 部分寛解を達成する中央値は16.0月であった。 天疱瘡を有する55.6患者の6人(11%)は、完全または部分寛解を有し、それらのプレドニゾロンをテーパすることができた。 完全寛解を有する累積確率は、Kaplan-Meier分析を用いた64.3フォローアップの月に19%であった。 追加のミゾリビン療法の有効性は、そのコルチコステロイド節約特性ならびにその免疫抑制効果に起因する可能性がある。 ミゾリビンの血清濃度力価は、投与後1.0μg/ mL 2時間前後であった。 追加のミゾリビンによって改善されなかった患者は、効果的な治療を達成するために、連続的に高用量のミゾリビンを必要とすることがある。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1529-8019.2012.01469.x/abstract

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモグレイン(DSG)ファミリータンパク質DSG3およびDSG1に対する自己抗体によって引き起こされる自己免疫性水疱性皮膚疾患および皮膚粘膜であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失をもたらす。 病原性PV自己抗体についての詳細は、15 PV患者からDSG3に特異的な2 IgG抗体を単離しました。 3つの抗体はインビトロでケラチノサイト単層を破壊し、2は新生児マウスの受動的伝達モデルにおいて病原性であった。 病原性抗体によって認識されるエピトープを、DSG3細胞外1(EC1)およびEC2サブドメイン、シス - 接着相互作用に関与する領域にマッピングした。 部位特異的血清学的アッセイを用いて、本発明者らは、病原性抗体PVA1によって認識されるEC224上のシス接着界面が、PV患者の血清中に存在する自己抗体の主要な標的であることを見出した。 単離された自己抗体は、異なる重鎖および軽鎖の可変領域遺伝子を使用し、相補性決定領域において高いレベルの体細胞突然変異を有し、抗原選択と一致した。 注目すべきことに、体細胞突然変異が生殖系列配列に戻ったとき、DSG3への結合は失われた。 これらの知見は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優性領域としてのDSG3のシス - 接着界面を同定し、自己反応性がDSG3とは無関係の抗原に対する応答で生成される体細胞突然変異に依存することを示す。

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモソームの主要構成成分であるデスモグレイン3(DSG3)およびDSG1にカドヘリン型細胞 - 細胞接着分子に結合する自己抗体によって引き起こされる、生命を脅かす自己免疫性水疱性疾患の皮膚および粘膜疾患であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失。 PV病因における自己抗体の重要な役割は、疾患活性が抗DSG3抗体力価と相関し、活性PVを有する母親の新生児が母体抗体の胎盤転移によって生じる水疱を呈し、天疱瘡様病変がPV患者からの抗DSG3 IgGの受動的移入によって新生仔マウスに誘導された。

皮膚では、DSG3は主に基底層および基底層に発現し、DSG1は主に上皮層で発現する。 対照的に、口腔粘膜のような非角化層状上皮においては、DSG3は上皮全体で高度に発現されるが、DSG1ははるかに低いレベルで発現される。 DSG1およびDSG3の差次的発現パターンは、天疱瘡の臨床的変異体の原因である:DSG3に対する抗体は粘膜形態で存在するが、DSG3およびDSG1の両方に対する抗体は粘膜皮膚病変と関連する。

DSG3は、5の異なるサブドメイン(EC1-EC5)を含む細胞外ドメインを有するカルシウム結合膜糖タンパク質であり、プロタンパク質として合成され、細胞表面に輸送する前にプロペプチドを除去することによってゴルジ装置で処理される。 プロペプチドの切断は、EC1サブドメイン中の保存されたトリプトファン残基の上流で起こり、対向する細胞上のDSG3との同種性相互作用の形成に重要なアンマスキング残基である。 いくつかの研究は、PV血清中のポリクローナル抗体が、EC3およびEC1サブドメイン(アミノ酸2-1)におけるDSG161のアミノ末端と主に反応することを示した。

病原性モノクローナル抗体の単離は、自己反応性応答を誘導し、PV患者におけるブリスター形成を引き起こすメカニズムに関する疑問に対処するための手段である。 アマガイおよび共同作業者は、PVの活性マウスモデルから単離された病原性抗体であるAK23(これは、トランス接着界面の形成に関与するDSG1のEC3サブドメインに結合することによって細胞接着の喪失を引き起こす)。 いくつかのヒト抗DSG病原性および非病原性mAbを、PV患者から単鎖可変領域断片(scFv)として単離した。 AK23 mAbと同様に、これらのヒト抗体の病原性活性は、プロペプチドによってマスクされたEC1のアミノ末端領域にマッピングされた。 まとめると、ヒトおよびマウスのデータは、病原性抗体が主にEC1に結合し、DSG3のトランス - 接着界面を妨害することによってケラチノサイト接着を破壊することを示唆している。

この研究では、2 PV患者から、DSG3に結合するいくつかのIgG自己抗体を単離した。 これらの抗体は、DSG3への結合に必要な高レベルの体細胞突然変異を有していた。 3病原性抗体によって認識されるエピトープは、シス - 接着性相互作用に関与することが予想される領域のEC1およびEC2サブドメインにマッピングされた。 この領域は、PV患者における血清自己抗体の主要な標的であることが判明した。 これらの結果は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優勢領域としてシス - 接着界面を同定し、自己反応性は、無関係の抗原によって引き起こされる体細胞突然変異に依存することを示唆する。

記事全文提供: http://www.jci.org/articles/view/64413

尋常性天疱瘡でアザチオプリンを投与された42歳の女性において、好中球減少性潰瘍の1例を経験したので報告する。 彼女は、毎日アザチオプリン6 mgの開始後約8-50週後に、鼻、頸部、および背中を含む複数の無痛性潰瘍を発症した。 潰瘍は大きく、壊れていて、乾燥していて、根本的に壊死していた。 彼らは無痛で、膿を吐き出さなかった。 絶対好中球数は最初は重度に抑圧されたが、アザチオプリン離脱後に正常化した。 スワブ培養は、クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumoniae)および局所デブリードメント、イミペネムでの治療、およびムピロシンの局所適用で治癒した潰瘍のコロニー形成を明らかにした。 しかしながら、鼻の変形は持続した。 好中球減少性潰瘍形成はアザチオプリン療法と関連していることが知られているが、本症例では珍しいプレゼンテーション不十分な皮膚潰瘍のため報告する。 問題と薬物離脱の早期認識は、外見のような合併症を防ぐことができます。

好中球減少症は、血液中の異常な数の好中球が特徴である。 好中球は、通常、循環白血球の45-75%を含み、好中球減少は、絶対好中球カウントが<1500 /μLに低下するときに診断される。 ゆっくりと発症する好中球減少症はしばしば検出されず、患者が敗血症または限局性感染症を発症したときに一般に発見される。

好中球減少の多くの原因があり、免疫抑制剤は一般的な医原性の原因である。 アザチオプリンは、臓器移植および自己免疫病因が疑われる疾患において、現在50年近く使用されている免疫抑制薬である。 皮膚科医は、アサチオプリンを、乾癬、免疫芽球性疾患、光線皮膚炎、湿疹などの様々な皮膚病のステロイドを節約する薬剤として使用する。 【1] この薬剤は、クローン病および壊疽性膿皮症のような潰瘍性自己免疫障害に使用されている。 一方、好中球減少に関連する潰瘍の原因としても関与している。 【2] 好中球減少性潰瘍の報告では、頬粘膜および口腔の関与が報告されている。 我々は、尋常性天疱瘡患者の長期アザチオプリン使用に伴う重度の皮膚潰瘍の1例を経験したので報告する。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ijp-online.com/article.asp?issn=0253-7613;year=2012;volume=44;issue=5;spage=646;epage=648;aulast=Laha

尋常性天疱瘡(Pemphigus vulgaris)は世界的に分布する珍しい免疫芽球性皮膚病である。 この状態の核心症状は、粘膜侵食であり、明らかに正常な皮膚および粘膜または紅斑の基部に出現する容易に破裂した水疱である。 それは致命的であることが判明しているかもしれない迅速な治療を必要とするおそらく最も恐ろしい皮膚科の緊急事態です。 しかし、新しい治療法は死亡率を減少させるが、治療の合併症は様々な臨床症状によってもたらされる主な危険であり、その中でも発熱は最も重要なプレゼンテーションの1つである。

発熱の特徴を明らかにするために、イリノイ州TabrizのTabriz医科大学の大学教授病院の皮膚科病院に入院した熱性天疱瘡72例が、3月の2010から2月の2011にかけてこの研究に登録されました。 患者は、アスタチオプリンおよびシクロホスファミドまたはパルス療法(メチルプレドニゾロン1-2 mgを3日間毎日投与し、シクロホスファミド500 mgをMESNA [1000メルカプトエタンスルホネートナトリウム(500-2 mg / kg / day) ]レスキュー)。 発熱、CSF、尿、皮膚病変および滑液培養、喀痰のグラムおよびAFB染色、全血球算定(CBC)、赤血球沈降速度(ESR)などの熱管理に関する調査。寄生虫の卵または嚢胞の胸部X線検査および糞便検査。 統計解析は、SPSSソフトウェアバージョン16を用いて行った。

72発熱性天疱瘡患者のうち、大部分(97.2%)が褥瘡嚢胞虫と分類され、2.8%の症例は天疱瘡を示し、より表面的な(副鼻腔)角結膜症が認められた。 有意ではないが、患者の56.9%は女性であった。 症例の平均年齢は45.31±16.75であった。 天疱瘡の診断(および治療の開始)から発熱の存在までの平均間隔は、5.72±4.97日であった。 経口療法は91.7%の患者に処方され、8.3%はパルス療法を受けた。 発熱性疾患の主要な病因は、皮膚病変(19.4%)、肺感染(15.27%)、尿路感染症(11.1%)および胃腸炎(5.5%)を含む様々な部位での感染の存在であった。 痰のAFB塗抹標本にマイコバクテリウム形態の存在が陽性である患者はいなかった。 黄色ブドウ球菌 皮膚浸食を伴う症例の82.9%で感染が明らかになった。

完全な記事はここで見つけることができます: http://www.ijdvl.com/article.asp?issn=0378-6323;year=2012;volume=78;issue=6;spage=774;epage=774;aulast=Qadim

悪性腫瘍性天疱瘡(PNP)は、生命を脅かすまれな、自己免疫性の粘膜皮膚の水疱性疾患であり、新生物に関連する。 体液性免疫および細胞性免疫の両方がPNPの病因に関与している。 特徴的に、PNPは、臨床および免疫病理学的特徴の多様なスペクトルを有する。 我々は12と1993の間で診断されたPNN患者2011を遡及的に分析した。 我々は、臨床的特徴、臨床転帰、根底にある新形成、組織学的特徴および検査所見の分析を行った。 1人を除くすべての患者は重度の粘膜関与を有していた。 2人の患者は粘膜病変のみを有したが、皮膚病変は観察されなかった。 水疱性病変ではなく、多形性紅斑または扁平苔状噴出が、より一般的に皮膚発疹が観察された。 最も一般的な組織学的特徴は、界面皮膚炎およびアポトーシスケラチノサイトであった。 11患者には、血液学的に関連した新生物があり、キャッスルマン病(n = 4)を最も頻繁に使用する。 12人の患者を5-148月間(平均、43.0)追跡した。 予後は根底にある新生物の性質に依存した。 6人の患者が呼吸不全により死亡した(n = 3)、術後敗血症(n = 1)、リンパ腫(n = 1)および肉腫(n = 1)。 2年生存率は50.0%であり、診断後の中央生存期間は21.0月であった。 免疫ブロッティングは12患者において実施され、プラークに対する自己抗体は11患者において検出された。 この研究の結果は、PNPの臨床的、組織学的および免疫学的多様性を実証した。 PNPの多様性を説明する広く受け入れられている診断基準が必要です。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1346-8138.2012.01655.x/abstract

MADAM、天疱瘡における自己抗体は、デスモグレイン1(Dsg1)およびDsg3を優先的に標的とし、デスモコリン1-3(Dsc1-3)をほとんど標的にしない。 尋常性天疱瘡(PH)は、天疱瘡のサブタイプの1つであり、末梢に小胞を伴う掻痒性環状紅斑、粘膜関与の希少性および好酸球性スポンジ症の組織病理学的変化を特徴とする。 最近、IgG抗Dsc3自己抗体が尋常性天疱瘡の場合に皮膚病変を引き起こすことが示唆された。 本研究では、DsgsとDscの両方にIgG抗体を伴う同時性水疱性類似虫綱(BP)とPHの最初の症例を報告する。

から: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bjd.12019/abstract

バックグラウンド マクロファージ遊走阻害因子遺伝子のプロモーター多型は、マクロファージ遊走阻害因子の産生の増加に関連する。 マクロファージ遊走阻害因子のレベルの上昇は、尋常性天疱瘡患者の血清で観察されている。 さらに、マクロファージ遊走阻害因子プロモーター遺伝子多型は、慢性炎症性疾患に対する感受性のリスクの増加をもたらすことが見出されている。

目的 本発明者らは、マクロファージ遊走阻害因子遺伝子のプロモーター多型と尋常性天疱瘡との間に関連があるかどうかを調べた。

メソッド 尋常性天疱瘡を有する160人の患者および100人の健康なボランティアのコントロールパネルを、ポリメラーゼ連鎖反応制限断片長を用いて、遺伝子の-5位の173'-フランキング領域で同定された一塩基多型について遺伝子型決定した分析。

結果 われわれは我々の国でC / C遺伝子型の顕著な罹患率が高いことを見出したが、患者と対照との間に有意差は認められなかった。

結論 患者の大規模で十分に実証された試験を用いたこの研究の結果は、マクロファージ遊走阻害因子-173G-C多型が尋常性天疱瘡に関連しないことを示した。 炎症プロセスにおけるマクロファージ遊走阻害因子の役割は詳細に描写されておらず、C / C遺伝子型の有病率は我々の国家において顕著に高いので、この発見はより重視される。

完全な記事は以下から入手可能です: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1468-3083.2012.04676.x/abstract

背景

様々な抗原特異的イムノアッセイが、自己免疫性水疱性疾患の血清学的診断に利用可能である。 しかしながら、診断を確立するためには、異なる組織ベースおよび一価の抗原特異的アッセイのスペクトルが必要である。 異なる抗原基質からなるBIOIPモザイクは、多価免疫蛍光(IF)試験を可能にし、単一のインキュベーションで抗体プロファイルを提供する。

メソッド

霊長類食道、霊長類塩分裂皮膚、四量体BP180-NC16Aの抗原ドットならびにデスモグレイン1-、デスモグレイン3-およびBP230gC-発現を含む、間接IF用のスライドを調製したヒトHEK293細胞。 このバイオチップモザイクは、尋常性天疱瘡(PV、nは65)、天疱瘡(PF、nは50)、水疱性類天疱瘡(BP、nは42)、および非炎症性皮膚疾患(nは97に等しい)ならびに健康な献血者(nは100に等しい)から得た。 さらに、日常的な診断における有用性を評価するために、免疫胆汁性疾患の疑いのある患者由来の454連続血清を、a)IF BIOCHIPモザイクおよびb)特殊なセンターで一般的に使用される単一抗体アッセイのパネルを用いて前向きに前向きに分析した。

結果

BIOCHIPモザイクを用いて、デスモグレイン1-、デスモグレイン3-、およびNC16A-特異的基質の感度は、それぞれ90パーセント、98.5パーセントおよび100パーセントであった。 BP230は、BP血清の54パーセントによって認識された。 特異性は、すべての基質について98.2パーセントから100パーセントまでの範囲であった。 前向き研究では、血清自己抗体を含まないBP、PV、PF、および血清(0.88と0.97の間のCohen'sカッパ)の診断のために、BIOCHIPモザイクによって得られた結果と単一の試験パネルとの間に高い一致が見出された。

結論

BIOCHIPモザイクには、BP、PF、PVの間接的IF診断のための高感度で特異的な基質が含まれています。 その診断精度は、従来の多段階アプローチに匹敵する。 高度に標準化され実用的なBIOCHIPモザイクは、自己免疫性膨れ疾患の血清学的診断を容易にする。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.medworm.com/index.php?rid=6328120&cid=c_297_49_f&fid=36647&url=http%3A%2F%2Fwww.ojrd.com%2Fcontent%2F7%2F1%2F49

天疱瘡は、潜在的に致命的な自己免疫表皮性水疱性障害である。 リツキシマブは、難治性天疱瘡の治療のための新規療法である。 しかし、リツキシマブの安全性と有効性に関する小児年齢群の臨床データは限られている。 本明細書では、デキサメタゾンパルス療法に応答できず、その後リツキシマブで治療され、完全寛解を達成した、幼児期尋常性天疱瘡の11歳の少年を報告する。

http://www.ijdvl.com/article.asp?issn=0378-6323;year=2012;volume=78;issue=5;spage=632;epage=634;aulast=Kanwar