カテゴリーアーカイブ: ニュースと情報

Fogo Selvagem(FS)は、desmosomal糖タンパク質であるdesmoglein 1(Dsg1)を認識する病原性IgG自己抗体を伴う自己免疫性水疱性疾患である。 ブラジルの特定の集落では、自己免疫反応の誘因として環境因子を示唆して、FS(3%)の高い罹患率が報告されている。 風土病地域の健常者はDsg1の非病原性エピトープを認識し、血友病昆虫への暴露はFSの危険因子である。 Fogo selvagemおよびChagas病はいくつかの地理的場所を共有し、抗Dsg1はシャーガス患者で検出されている。 不確定なシャーガス病は、ブラジルのアメリジン人でFSの高リスク集団で確認されました。 カウンターパートでは、同じ地理的地域に住んでいるFS患者のどれも、クルーズトリパノソーマに対する反応性を示さなかった。 抗Dsg1抗体のプロファイルは、15 FS血清の40および固有のFS部位の健康な個体由来の33血清の150において陽性結果を示し、シャーガス病とFSとの交差反応は観察されなかった。

著者:Sousa JX、Diaz LA、Eaton DP、Hans-Filho G、Lanzani de Freitas E、Delgado L、Ichimura LM、Cristaldi F、Orlandi R、Kesper N、Umezawa ES、Rivitti EA、Aoki V、Fogo (FS)は、desmosomal糖タンパク質であるdesmoglein 1(Dsg1)を認識する病原性IgG自己抗体を伴う自己免疫性水疱性疾患である(Fogo Selvagem(FS))。 ブラジルの特定の集落では、自己免疫反応の誘因として環境因子を示唆して、FS(3%)の高い罹患率が報告されている。 風土病地域の健常者はDsg1の非病原性エピトープを認識し、血友病昆虫への暴露はFSの危険因子である。 Fogo selvagemおよびChagas病はいくつかの地理的場所を共有し、抗Dsg1はシャーガス患者で検出されている。 不確定なチャー...

MedWormから:天疱瘡 http://www.medworm.com/index.PHP?rid = 6297741&cid = c_297_159_f&fid = 37409&url = http%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2FPubMed%2F22826496%3Fdopt%3DAbstract

背景 - ネコの尋常性天疱瘡(PF)の単独療法としてのグルココルチコイドは、必ずしも成功するとは限らず、疾患を管理するために追加の免疫調節剤を必要とすることが一般的である。 仮説/目的 - このレトロスペクティブ研究では、修飾されたシクロスポリンのアジュバントまたは唯一の免疫調節薬としての使用を、ネコのPFで評価し、その反応をクロラムブシルで管理されたPFネコと比較した。 動物 - 治療の一部としてシクロスポリンおよび/またはクロラムブシルを受けたPFで診断され、治療反応を評価するのに十分なフォローアップを有する15匹の顧客所有のネコが評価された。 方法 - 1999と2009の年の間に提示されたネコのPF患者から記録をレビューしました。 猫は、シクロスポリンで治療されたものとクロラムブシルで治療されたものの2つの治療群に分けられました。 両方の群の大部分の猫には、同時に全身性のグルココルチコイドも投与された。 各群は6人の患者を含んでいた。 3匹の猫は両方の薬剤で治療され、別々に検討されている。 疾患寛解までの時間、寛解誘発グルココルチコイド用量、維持または最終グルココルチコイド用量、疾患応答および有害作用を評価した。 結果 - 群間の寛解時間または疾患応答に有意差はなかった。 PF管理のためにシクロスポリンで維持された6人の患者全員が全身性グルココルチコイドから離乳され、グルココルチコイド療法はクロラムブシルを投与された6匹の猫のうちの1匹にのみ中止された。 結論と臨床的重要性 - 修飾シクロスポリンはネコの天疱瘡の管理に有効であり、グルココルチコイドの節約である。 PMID:22731616 [出版社提供のPubMed](出典:獣医学)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22731616?dopt=Abstract

バックグラウンド 尋常性天疱瘡(PF)は、皮膚の表面の膨れによって特徴付けられる慢性皮膚自己免疫性水疱性疾患であり、現在の見通しによれば、デスモグレイン1(Dsg1)に対する自己抗体によって引き起こされる。

目標 超微細構造レベルでのPF患者の皮膚における早期凝固を調べること。

メソッド 2つのNikolsky陰性(N)、5つのNikolsky陽性(N +)および2つの病変皮膚生検を、免疫学的に定義されたPF患者の光および電子顕微鏡検査によって研究した。

結果 我々は、NF-PF皮膚に異常は認められなかったが、すべてのN +皮膚生検では、デスモソーム間の細胞内拡大、デスモソーム数の減少、および表皮下層における低形成デスモソームを示した。 唾液分泌は、5つのN +生検のうち2つに存在したが、上皮層にのみ存在した。 病変皮膚生検では、上皮層の漿膜虫化が示された。 Hypoplasticデスモソームは、部分的に(疑似半分デスモソーム)、または反対側の細胞から完全に引き裂かれた。

結論 私たちは、PFにおける腺腫のための以下のメカニズムを提案する:最初にPF IgGは、非接合性のDsg1の枯渇を引き起こし、下層で始まり上向きに広がるデスモソーム間の細胞間の広がりをもたらす。 非接合部Dsg1の枯渇は、デスモソームの集合を損ない、その結果、低体形成およびデスモソームの数が減少する。 さらに、抗体はデスモソームの分解を促進する可能性がある。 Dsg3が発現されず、Dsg1消失を補うことができない表皮の上層において、Dsg1の進行中の消耗は最終的にデスモソームおよびその後のアザホルシスの完全消失をもたらす。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11173.x/abstract

バックグラウンド: 尋常性天疱瘡(PV)および天疱瘡葉状疱疹(PF)は、デスモグレイン接着タンパク質を標的とする自己抗体によって引き起こされる潜在的に致命的な水疱性疾患である。 以前の研究では、天疱瘡における抗デスモグレイン抗体のIgG4> IgG1優勢が示されている。 しかしながら、天疱瘡における全血清IgG4レベルを調べた研究はない。 IgG4は、慢性抗原刺激によって誘発され、これは持続的な皮膚ふくれを伴って起こり、天疱瘡患者の他のIgGサブクラスと比較して全血清IgG4を潜在的に上昇させる可能性がある。

目的: この研究の第一の目的は、天疱瘡患者の総およびデスモグレイン特異的IgGサブクラスを定量することであった。

メソッド: IgGサブクラスおよびデスモグレイン特異的IgG1およびIgG4を、サブクラスELISAを用いてPV、PFおよび加齢適合正常血清中で定量した。 ケラチノサイト解離アッセイを用いて、PV IgGの病原性を遮断する際のIgG4枯渇の有効性を判定した。

結果: デスモグレイン特異的抗体は、PVXおよびPF患者における総IgG7.1の4.2%および4%の中央値を含み、IgG8対IgG4における4倍および1倍濃縮を含んでいた。 年齢が一致した対照と比較して、PVおよびPF患者では、全血清IgG4(しかし、他のIgGサブクラスは濃縮されなかった)(p = 0.004およびp = 0.005)。 ケラチノサイト解離アッセイにおいてPV血清のIgG4枯渇は病原性を減少させ、アフィニティー精製IgG4は他の血清IgG画分より病原性が高いことを示した。

結論: デスモグレイン特異的自己抗体は、IgG4において有意に濃縮されており、いくつかの天疱瘡患者における全血清IgG4の濃縮を説明することができる。 有益な免疫抗体よりもむしろ自己免疫を優先的に標的とすることにより、IgG4を標的とした治療法は、天疱瘡にとってより安全な治療法を提供する可能性がある。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11144.x/abstract

悪性腫瘍性天疱瘡(PNP)は、皮膚以外の複数の臓器に影響を及ぼす可能性のある明確な自己免疫性水疱性疾患である。 それは、特定の新生物に関連して起こり、そのうちリンパ増殖性疾患が最も一般的に関連している。 PNPの臨床的提示は、典型的には、一般化した皮膚発疹および全身的関与を伴い得る、痛みを伴う重度の口腔侵食からなる。 噴火は、形態が異なる可能性があり、天疱瘡、類天疱瘡、多形性紅斑または移植片対宿主病に類似する病変、ならびに扁平苔癬に似た病変で構成される。 同様に、組織学的所見もかなりの変動性を示す。 PNNは、デスモプラキンI(250 kd)、水疱性類天疱瘡抗原I(230 kd)、デスモプラキンII(210 kd)、エンボラプラン(210 kd)、ペリプラキン(190 kd)、プレクチン(500 kd)および170-kdタンパク質を含む。 この170-kdタンパク質は、最近、層状上皮およびPNPで損傷した他の組織で発現される広範囲のプロテアーゼ阻害剤であるα-2-マクログロブリン様1として同定されている。 PNPの予後は不良であり、この疾患はしばしば致死的である。 免疫抑制剤はしばしばふくれを低減する必要があり、化学療法による根底にある悪性腫瘍の治療は自己抗体産生を制御する可能性がある。 PNPが良性腫瘍と関連する場合、予後は良好であり、可能であれば外科的に切除すべきである。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1440-0960.2012.00921.x/abstract

自己免疫性水疱性疾患(ABD)は、臓器特異的な自己免疫疾患であり、標的抗原に対する病原性自己抗体の結合を介して皮膚および粘膜上の水疱が発症する。 2つの主要なABD群がある:デスモソーム成分に対する自己抗体を示す天疱瘡群; 表皮基底膜ゾーンのヘミデスモソーム成分に対する自己抗体を示す、表皮下ABD群。 最近の免疫学的、生化学的および分子生物学的研究により、デスモコリン、様々なプラークファミリータンパク質およびインテグリンを含む多くの新しい自己抗原が明らかになった。 改訂されたABD分類には、胸腺腫性天疱瘡、IgA天疱瘡および抗ラミニンγ1類天疱瘡などの新たな疾患実体が含まれる。 全身性コルチコステロイドおよび様々な免疫抑制剤に加えて、ABDのための様々なアジュバント療法が開発されている。 そのうち、静脈内免疫グロブリン(IVIG)は有望な治療法であるが、治療法は未だ不明である。 特に尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡および表皮水疱症(EBA)について、ABDの種々の疾患モデルが開発されており、これらは、可能性のある新しい治療戦略を示唆する様々なADBの病因についての洞察を提供している。 しかし、免疫寛容の破壊における基本的な機序は未だ不明である。 EBAは、固定用線維の主成分であるVII型コラーゲンに対する自己免疫性を示し、EBAの病因は様々な疾患モデルにおいて研究されている。 以前の研究は、自己抗体がVII型コラーゲンに結合した後、補体の活性化、サイトカイン放出、好中球遊走、Fcγ受容体(FcgR)およびメタロプロテイナーゼが、皮下表皮のブリスターの誘導において重要な役割を果たすことを示唆した。 この号の 病理学ジャーナルKasperkiewiczらは、遺伝子分析と機能的動物モデルの両方の方法を用いて優雅な研究を実施することによって認識された、EBAの病因におけるFcgRIVおよび阻害性FcgRIIBの活性化の重要な役割を明らかにする。 活性化FcgRおよび阻害性FcgRの発現平衡は、IVIG療法によって阻害性FcgRIIBに調節され、EBAおよび他の自己免疫性皮膚疱疹疾患におけるIVIGの有益な臨床効果をもたらす。 著作権©2012英国およびアイルランドの病理学会。 John Wiley&Sons、Ltd.発行

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/path.4062/abstract

この報告書は、組織学および間接的免疫蛍光研究によって確認された、PVを有する3人の小児の臨床的提示および治療応答を記載する。 すべての3つのケースにおいて、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)と共に使用される経口プレドニゾンは、完全な臨床的寛解をもたらし、その間すべての薬物療法は成功裏に中止された。 皮膚および粘膜浮腫の解像度は、プレドニゾンで速やかに起こる傾向があり、MMFによる治療開始後、3人の患者の10〜30の範囲内で、すべての薬物療法の中断が達成された。 1人の患者は、治療中止後数ヶ月の間に性器病変19の再発を経験したが、2週以内に局所ステロイド治療を受けた。 このレポートの時点で、完全寛解の期間は6から19までの範囲でした。 要約すると、小児PVのプレドニゾンとMMFとの併用療法は、耐久性寛解に関連する安全かつ有効なアプローチであると思われる。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1525-1470.2012.01730.x/abstract

ヘルペスウイルス感染は、天疱瘡および水疱性類天疱瘡の周知の感染性合併症である。 我々は、南米のコロンビアのEl Bagreにある風土性天疱瘡の新しい変種に冒された患者のいくつかの器官からの剖検組織を利用した病理所見を述べる。

我々は、入院時に高用量の免疫抑制剤を受けていて、水痘に冒された第2の患者と接触した後に突然死亡した、エルバグレの風土病性天疱瘡の新しい変種によって患者を説明する。

我々は、ヘマトキシリンとエオシンを利用した研究、免疫組織化学、およびいくつかの臓器の組織に対する直接免疫蛍光法を行った。

我々は、心臓、腎臓、脾臓、肝臓、皮膚、脳、肺、膵臓、小腸および大腸、および骨格筋における水痘帯状疱疹ウイルスの存在およびα-1抗トリプシンの強い陽性を検出した。 腎臓および心臓の構造的損傷に関して、我々は観察された損傷がこれらの器官に対する自己抗体の存在に関連すると信じている。それらの両方ともプラークが豊富であり、El Bagre-EPF患者はプラーク分子に対する有意な抗体を示す。

特発性天疱瘡の患者では、高用量の全身性免疫抑制剤を受けた場合、患者を完全に隔離することを推奨します。 我々はさらに、能動的天疱瘡、水痘帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルス、免疫抑制剤、およびα-1抗トリプシンの全身的活性化の間の相乗的で致死的な相互作用の臨床的可能性を示唆する。 したがって、これらの合併症に対処するために、これらの患者にα-1抗トリプシン活性化のための十分なベッド間隔、障壁看護、および予防的試験が推奨される。

ソース: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-4632.2011.05296.x/abstract

バックグラウンド: 天疱瘡尋常性天疱瘡(PV)は、脱塩基性アザホルミスおよびデスモグレイン3に対する自己抗体の存在を特徴とする、自己免疫性水疱性皮膚疾患である。 粘膜皮膚(MCPV)または粘膜(MPV)の2つの異なる臨床形態がある。 しかし、口腔、耳、鼻、咽喉(OENT)領域におけるPV病変が、空気消化管の機能に関与する解剖学的構造の非常に動的にどのように生成されるかは明らかではない。

目的: PVにおけるOENT発現のパターン、および層状扁平上皮構造における生理的外傷性メカニズムとの関係を調べること。

患者: MCPV(40患者)またはMPV(22患者)と診断された18患者の前向き分析は、University Clinic of Navarraにおいて実施された。 OENT症状はすべての患者において内視鏡的に評価された。 OENT関与は解剖学的領域に分けられた。

結果: 最も頻繁な症状は、主に口腔粘膜(87,5%)に対する痛みであった。 口腔粘膜では、頬側粘膜(90%)、咽頭後壁(67.5%)、喉頭蓋の上端(85%)および鼻前庭(70%)が最も頻繁に罹患した領域であった。 これらの局在は、扁平上皮扁平上皮構造における生理学的外傷性メカニズムに関連していた。

結論: OENT内視鏡検査はすべてのPV患者の検査に含めるべきである。 PVにおけるOENT粘膜上の活動的病変の最も頻繁な局所化を知ることは、OENT内視鏡検査の結果をより効率的に解釈するのに役立つだろう。 また、新たな活動的PV病変の出現を避けるために、患者にOENT領域の外傷性生理学的機構に関する情報を提供しなければならない。

ソース: 口腔、耳、鼻、喉の関与に関する研究

水疱性類天疱瘡(BP)は、自己免疫性水疱性皮膚疾患である。 BP180およびBP230に対する自己抗体は、異なる基質(食道、塩分割皮、BP180-抗原ドット、BP230-トランスフェクト細胞)およびELISAでの間接免疫蛍光(IIF)によって検出することができる。 ここでは、これらのテストシステムのテスト特性を比較しました。 我々は、組織病理学的に臨床診断が確認されたBP患者(n = 60)からの血清を分析した。 対照コホートは、他の自己免疫関連(n = 22)または炎症(n = 35)の皮膚疾患を有する患者由来の血清を含んでいた。 全ての試料をIIF(ユーロマンマン皮膚科モザイク)およびELISA (EUROIMMUNとMBL)。 抗BP180は、IIF(感受性:180%;特異性:88%)によってBP97-抗原ドットで最もよく検出される。 IIFと比較して、両方のBP180 ELISA技術との違いは小さい。 正と負のテスト結果の尤度比(LR)は、すべてのテストシステムで> 10、0.1と0.2の間です。 抗BP230の検出は非常に可変である(感度範囲38-60%;特異性範囲83-98%)。 IIF検査のみが陽性検査結果> 10のLRを示す。 ネガティブテストのLRはすべて〜0.5なので、抗BP230抗体のネガティブテスト結果はBPを除外するのに役立たない。 結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。

著作権©2012エルゼビアBV無断複写·転載を禁じます。

ソース: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22580378?dopt=Abstract