2019 IPPF患者
教育カンファレンス
プレゼンテーション

10月の土曜日12


10月(日曜日)13

ワークショップブロック#1

  1. 創傷ケア - David Margolis、MD、PhD、UPenn、フィラデルフィア、PA
  2. 眼球類天疱瘡 - クリスティンハマースミス、メリーランド州、ウィルズ眼科病院、フィラデルフィア、ペンシルバニア州

ワークショップブロック#2

  1. 口腔水疱症の局所治療 - エリック・ストープラー、DMD、UPenn、フィラデルフィア、PA
  2. ストレスマネジメント - メイリンムーア、IPPFピーターヘルスコーチ、サンタモニカ、CA
  3. 意思決定者とのエンゲージメントの提唱–ベンチュラ、カリフォルニア州IPPFエグゼクティブディレクター、マークエール

ワークショップブロック#3

  1. 自己免疫性水疱症の診断と経口生検 - 田中貴子、DDS、UPenn、フィラデルフィア、PA

スポンサーに感謝します:

創設者レベル

Principia Biopharma

大統領レベル

ジェネンテック

独立性レベル

ARGENX_LOGO_RGB

大陸レベル

自由度

ミントレベル

イベントスポンサー