タグのアーカイブ: 抗BP230

水疱性類天疱瘡は、表皮および真皮表皮の特定のタンパク質を認識する循環自己抗体の存在を特徴とする自己免疫膨れ皮膚疾患である。 診断は、臨床的基準および検査所見、特に組織学、直接および間接免疫蛍光法、およびELISAに基づく。 この研究は、組換え抗原基質に基づく抗BP180および抗BP230の並行決定のための新しい免疫蛍光アッセイを記載する。 この研究の目的は、特別に設計された組換えBP180-NC230Aタンパク質およびBP180-gc抗原フラグメントを発現する細胞の両方を用いて、BIOCHIP技術によりBP16およびBP230自己抗体を検出することであった。 水疱性類天疱瘡を有する18患者がこの研究に含まれた。 BP180に対する自己抗体は、臨床的、血清学的および免疫組織学的に確認された水疱性類天疱瘡の患者の83.33%でBIOCHIP法によって検出され、BP230-gCに対する自己抗体は患者の39%においてのみ検出された。 新しいバイオチップベースのイムノアッセイによる抗BP180-NC16Aおよび抗BP230-gCの検出は、間接免疫蛍光およびELISAの代替として適しています。 この方法は、種々の自己抗体特異性を容易に識別する利点を有する。 BIOCHIP法は、ELISA法と比較して、より速く、安価で、使いやすくなっています。 このため、新しい方法は、水疱性類天疱瘡を有する患者を同定するための初期スクリーニング試験として使用することができ、ELISAによって疑わしい結果を確認することができた。

記事全文(無料)はこちらから: http://www.hindawi.com/isrn/dermatology/2012/237802/