タグのアーカイブ: 自己抗体

重要性 粘液膜類天疱瘡(MMP)のまれな変異型は、循環する抗ラミニン332(Lam332)自己抗体によって特徴付けられ、同時に悪性新生物と関連しているようである。

目的 MMPを有する大規模な一連の患者からの抗Lam332自己抗体検出の有病率および臨床的意義を決定する。 デザインマルチセンター回顧的研究。

SETTING 自己免疫性水疱性疾患のための4つのフランス国立センター。

参加者 対照として機能するMMPおよび89個体を有する154人の患者が含まれていた。

介入 血清サンプルを新しいLam332酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)によって分析した。 臨床的および免疫病理学的データを患者の医療記録から得た。

主な結果の措置 Lam332 ELISAスコアは、臨床的特徴、標準および塩分間接免疫蛍光、および水疱性類天疱瘡(BP)230およびBP180-NC16A ELISAに関して評価した。

結果 Lam332 ELISAスコアは、MMP患者、水疱性類天疱瘡(BP)の9患者の20.1、天疱瘡を伴う1、50他の対照の7の3%において陽性(≧32 U / mL)であった。 陽性ELISA Lam332スコアと年齢との間には何の関係もなかった。 性比; 口腔、眼、生殖器、皮膚、または食道/喉頭の関与; 内部悪性新生物; またはBP180 ELISAスコア。 塩分裂皮膚の間接免疫蛍光およびELISA BP230結果は、Lam332 ELISA結果が陽性である場合(P = .NNUMXおよび.04)、より頻繁に陽性であった。 陽性のLam02 ELISAスコアを有する患者はしばしばより重度のMMPを有した(332%対67.8%; P = .47.2)。

結論と信頼 この新規ELISAの結果は、血清抗Lam332自己抗体がMMP患者の20.1%において検出されることを示した。 抗Lam332自己抗体は、重度のMMPを有する患者で主に検出されるが、悪性新生物を有する患者では優先的に検出されない。 抗Lam332自己抗体と抗BP230自己抗体との間の関連は、エピトープ拡散現象から生じ得る。

JAMA皮膚科(イリノイ州シカゴ)

水疱性類天疱瘡は、表皮および真皮表皮の特定のタンパク質を認識する循環自己抗体の存在を特徴とする自己免疫膨れ皮膚疾患である。 診断は、臨床的基準および検査所見、特に組織学、直接および間接免疫蛍光法、およびELISAに基づく。 この研究は、組換え抗原基質に基づく抗BP180および抗BP230の並行決定のための新しい免疫蛍光アッセイを記載する。 この研究の目的は、特別に設計された組換えBP180-NC230Aタンパク質およびBP180-gc抗原フラグメントを発現する細胞の両方を用いて、BIOCHIP技術によりBP16およびBP230自己抗体を検出することであった。 水疱性類天疱瘡を有する18患者がこの研究に含まれた。 BP180に対する自己抗体は、臨床的、血清学的および免疫組織学的に確認された水疱性類天疱瘡の患者の83.33%でBIOCHIP法によって検出され、BP230-gCに対する自己抗体は患者の39%においてのみ検出された。 新しいバイオチップベースのイムノアッセイによる抗BP180-NC16Aおよび抗BP230-gCの検出は、間接免疫蛍光およびELISAの代替として適しています。 この方法は、種々の自己抗体特異性を容易に識別する利点を有する。 BIOCHIP法は、ELISA法と比較して、より速く、安価で、使いやすくなっています。 このため、新しい方法は、水疱性類天疱瘡を有する患者を同定するための初期スクリーニング試験として使用することができ、ELISAによって疑わしい結果を確認することができた。

記事全文(無料)はこちらから: http://www.hindawi.com/isrn/dermatology/2012/237802/

セニア - アッシャー症候群または天疱瘡紅斑性狼瘡は、天疱瘡、紅斑性狼瘡およびエリテマトーデスと臨床的および血清学的に重複する病理である。 天疱瘡性エリテマトーデス患者の皮膚生検では、デスモソームにおける抗原結合および免疫グロブリンの沈着が明らかであり、狼瘡バンド試験において陽性である。 本論文では、独立したB細胞クローンの刺激の結果として、天疱瘡性エリテマトーデスに関連する自己抗体が単一の抗原または複数の抗原を標的とするかどうかを決定した。 今回の論文では、天疱瘡性狼瘡患者はdesmoglein 1および3に特異的な抗上皮性抗体と、Ro、La、Smおよび二本鎖DNA抗原に特異的な抗核抗体の両方を産生することを示しています。 特異的な抗上皮細胞または抗核抗体を溶出した後、二重蛍光アッセイを用いて回収および試験したところ、デスモソームと核および細胞質ループス抗原との間に交差反応性の欠如が示された。 この結果は、天疱瘡紅斑性狼瘡における自己抗体が異なる抗原に対するものであり、これらの自己抗体が独立したクローンによって産生されることを示唆している。 これらの臨床的および血清学的データを考慮すると、我々は、天疱瘡エリテマトーデスが複数の自己免疫疾患として行動することを示唆している。

完全な記事は次の場所で見ることができます: http://www.hindawi.com/journals/ad/2012/296214/

尋常性天疱瘡のような自己免疫状態における疾患の異種性の分子的基礎はほとんど理解されていない。 デスモグレイン3(Dsg3)は、PV中の免疫グロブリン(Ig)自己抗体の主な標的として十分に確立されているが、患者サブセット間の抗Dsg3 Igサブタイプの全体的分布およびアイソタイプスイッチが可能であるかどうかに関するかなりの論争疾患活動の段階の間に観察された。 PVのIgアイソタイプ特異性に関連する顕著な問題に体系的に対処するために、1患者の2血清サンプル中のIgA、IgM、IgG3、4、3および202抗Dsg92レベルを、 (HLAタイプ、性別、発症年齢)臨床パラメーター、およびHLA適合および不適合コントロールからの47血清サンプルの変化を評価した。 私たちの知見は、寛解患者よりも有意に高いレベルでPV中の主な抗体としてIgG4およびIgG1を同定する以前の研究を支持する。 我々は、疾患活性と寛解の段階の間でアイソタイプの切り替えについての証拠は見られず、IgG4およびIgG1サブタイプの両方が、対照と比較して寛解患者において上昇したままである。 しかし、我々はIgG4が、異なる疾患形態、疾患持続時間、およびHLAタイプに基づいてPV患者サブグループをさらに区別する唯一のサブタイプであることを見出している。 これらのデータは、疾患の表現型発現に関与する免疫機構についてのさらなる洞察を提供し、ますます特異的かつ個別化された治療的介入を容易にするために、疾患異種性の根底にある包括的な免疫プロファイルを確立するための、

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22779708

MedWire News:研究者は、水疱性皮膚疾患の天疱瘡尋常性疣贅(PV)を有する患者の血清中に見出される自己抗体の主要な標的を同定した。

PV患者は、デスモグレイン(DSG)1および3タンパク質に対して抗体を発現し、これは表皮細胞が互いに粘着して皮膚の完全性を維持するのを助け、皮膚および粘膜に激しい膨れを引き起こす。

Giovanna Zambruno(Istituto Dermopatico dell'Immacolata、Rome、Italy)および同僚らは、DSG3細胞外ドメイン(EC)1のシス接着界面がPV自己抗体(A)224の主要標的であることを発見したPV。

既存の治療法は免疫系全体を標的としていますが、これは副作用の問題を引き起こし、患者が感染に脆弱になる可能性があります。

より具体的には、Zambrunoおよびチームは、障害を有する2人の患者由来のDSG15に特異的な3免疫グロブリン(Ig)G抗体を単離した。

これらのうち、実験室では3つの破壊された皮膚細胞の層があり、2つはマウスの受動的伝達モデルで発現されたとき病原性であった。

病原性PV抗体によって認識されるエピトープをDSG3 EC1およびEC2サブドメインに単離し、特定の血清学的アッセイを用いて、PVA224の標的をEC1上のシス - 接着界面であると特定した。

研究者らは、体細胞突然変異が生殖系列配列に復帰したときにDSG3への結合が消失したため、PVで見られる自己反応性がDSG3以外の抗原によって生成される体細胞突然変異によることを示唆している。

「病原性抗体を標的とする免疫優性領域の同定は、PVの診断に影響を及ぼし、PV患者の治療のための治療アプローチの確立に向けた新たな展望を開く」と、Zambruno氏とチーム 臨床調査のジャーナル.

「最後に、PV自己抗体の生殖系列化バージョンは、最終的にこの生命を脅かす疾患の発症につながる抗原の同定につながる可能性があります。

medwireNews(www.medwire-news.md)は、Springer Healthcare Limitedが提供する独立した臨床ニュースサービスです。 ©Springer Healthcare Ltd; 2012

で読む: http://www.medwire-news.md/66/101414/Dermatology/Therapeutic_targets_for_pemphigus_vulgaris_discovered.html

バックグラウンド Pemphigus vulgaris(PV)およびPemphigus foliaceus(PF)は、デスモグレイン(Dsg)接着タンパク質を標的とする自己抗体によって引き起こされる、潜在的に致命的な水疱性疾患である。 以前の研究では、天疱瘡における抗Dsg抗体のIgG4> IgG1優位性が示されている。 しかしながら、天疱瘡における全血清IgG4レベルを調べた研究はない。 IgG4は、慢性抗原刺激によって誘発され、これは持続的な皮膚ふくれにより起こり、天疱瘡患者の他のIgGサブクラスと比較して全血清IgG4を潜在的に上昇させる可能性がある。

目標 この研究の第一の目的は、天疱瘡を有する患者の総IgGおよびDsg特異的IgGサブクラスを定量することであった。

メソッド IgGサブクラスおよびDsg特異的IgG1およびIgG4を、PVおよびPFを有する患者において、およびサブクラス酵素結合免疫吸着アッセイを用いて年齢適合対照からの血清中で定量した。 ケラチノサイト解離アッセイを用いて、PVにおけるIgG病原性をブロックする際のIgG4枯渇の有効性を決定した。

結果 Dsg特異的抗体は、PVXおよびPFを有する患者における総IgG7の1・4%および2・4%の中央値を含み、IgG4対IgG1において8倍および4倍の濃縮を有した。 年齢が一致した対照と比較して、PVおよびPFを有する患者において、全血清IgG4(しかし、他のIgGサブクラスは濃縮されなかった)P = 0・004 P = 0・005)。 ケラチノサイト解離アッセイにおいてPV血清のIgG4枯渇は病原性を減少させ、アフィニティー精製IgG4は他の血清IgG画分より病原性が高いことを示した。

結論 Dsg特異的自己抗体はIgG4において有意に濃縮されており、これはいくつかの天疱瘡患者の全血清IgG4の濃縮を説明することができる。 有益な免疫抗体よりもむしろ自己免疫性を優先的に標的とすることにより、IgG4を標的とした治療法は、天疱瘡に対してより安全な治療法を提供する可能性がある。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11144.x/abstract

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモグレイン(DSG)ファミリータンパク質DSG3およびDSG1に対する自己抗体によって引き起こされる自己免疫性水疱性皮膚疾患および皮膚粘膜であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失をもたらす。 病原性PV自己抗体についての詳細は、15 PV患者からDSG3に特異的な2 IgG抗体を単離しました。 3つの抗体はインビトロでケラチノサイト単層を破壊し、2は新生児マウスの受動的伝達モデルにおいて病原性であった。 病原性抗体によって認識されるエピトープを、DSG3細胞外1(EC1)およびEC2サブドメイン、シス - 接着相互作用に関与する領域にマッピングした。 部位特異的血清学的アッセイを用いて、本発明者らは、病原性抗体PVA1によって認識されるEC224上のシス接着界面が、PV患者の血清中に存在する自己抗体の主要な標的であることを見出した。 単離された自己抗体は、異なる重鎖および軽鎖の可変領域遺伝子を使用し、相補性決定領域において高いレベルの体細胞突然変異を有し、抗原選択と一致した。 注目すべきことに、体細胞突然変異が生殖系列配列に戻ったとき、DSG3への結合は失われた。 これらの知見は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優性領域としてのDSG3のシス - 接着界面を同定し、自己反応性がDSG3とは無関係の抗原に対する応答で生成される体細胞突然変異に依存することを示す。

尋常性天疱瘡(PV)は、デスモソームの主要構成成分であるデスモグレイン3(DSG3)およびDSG1にカドヘリン型細胞 - 細胞接着分子に結合する自己抗体によって引き起こされる、生命を脅かす自己免疫性水疱性疾患の皮膚および粘膜疾患であり、ケラチノサイト細胞接着の喪失。 PV病因における自己抗体の重要な役割は、疾患活性が抗DSG3抗体力価と相関し、活性PVを有する母親の新生児が母体抗体の胎盤転移によって生じる水疱を呈し、天疱瘡様病変がPV患者からの抗DSG3 IgGの受動的移入によって新生仔マウスに誘導された。

皮膚では、DSG3は主に基底層および基底層に発現し、DSG1は主に上皮層で発現する。 対照的に、口腔粘膜のような非角化層状上皮においては、DSG3は上皮全体で高度に発現されるが、DSG1ははるかに低いレベルで発現される。 DSG1およびDSG3の差次的発現パターンは、天疱瘡の臨床的変異体の原因である:DSG3に対する抗体は粘膜形態で存在するが、DSG3およびDSG1の両方に対する抗体は粘膜皮膚病変と関連する。

DSG3は、5の異なるサブドメイン(EC1-EC5)を含む細胞外ドメインを有するカルシウム結合膜糖タンパク質であり、プロタンパク質として合成され、細胞表面に輸送する前にプロペプチドを除去することによってゴルジ装置で処理される。 プロペプチドの切断は、EC1サブドメイン中の保存されたトリプトファン残基の上流で起こり、対向する細胞上のDSG3との同種性相互作用の形成に重要なアンマスキング残基である。 いくつかの研究は、PV血清中のポリクローナル抗体が、EC3およびEC1サブドメイン(アミノ酸2-1)におけるDSG161のアミノ末端と主に反応することを示した。

病原性モノクローナル抗体の単離は、自己反応性応答を誘導し、PV患者におけるブリスター形成を引き起こすメカニズムに関する疑問に対処するための手段である。 アマガイおよび共同作業者は、PVの活性マウスモデルから単離された病原性抗体であるAK23(これは、トランス接着界面の形成に関与するDSG1のEC3サブドメインに結合することによって細胞接着の喪失を引き起こす)。 いくつかのヒト抗DSG病原性および非病原性mAbを、PV患者から単鎖可変領域断片(scFv)として単離した。 AK23 mAbと同様に、これらのヒト抗体の病原性活性は、プロペプチドによってマスクされたEC1のアミノ末端領域にマッピングされた。 まとめると、ヒトおよびマウスのデータは、病原性抗体が主にEC1に結合し、DSG3のトランス - 接着界面を妨害することによってケラチノサイト接着を破壊することを示唆している。

この研究では、2 PV患者から、DSG3に結合するいくつかのIgG自己抗体を単離した。 これらの抗体は、DSG3への結合に必要な高レベルの体細胞突然変異を有していた。 3病原性抗体によって認識されるエピトープは、シス - 接着性相互作用に関与することが予想される領域のEC1およびEC2サブドメインにマッピングされた。 この領域は、PV患者における血清自己抗体の主要な標的であることが判明した。 これらの結果は、PVにおける病原性抗体によって標的とされる免疫優勢領域としてシス - 接着界面を同定し、自己反応性は、無関係の抗原によって引き起こされる体細胞突然変異に依存することを示唆する。

記事全文提供: http://www.jci.org/articles/view/64413

MADAM、天疱瘡における自己抗体は、デスモグレイン1(Dsg1)およびDsg3を優先的に標的とし、デスモコリン1-3(Dsc1-3)をほとんど標的にしない。 尋常性天疱瘡(PH)は、天疱瘡のサブタイプの1つであり、末梢に小胞を伴う掻痒性環状紅斑、粘膜関与の希少性および好酸球性スポンジ症の組織病理学的変化を特徴とする。 最近、IgG抗Dsc3自己抗体が尋常性天疱瘡の場合に皮膚病変を引き起こすことが示唆された。 本研究では、DsgsとDscの両方にIgG抗体を伴う同時性水疱性類似虫綱(BP)とPHの最初の症例を報告する。

から: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bjd.12019/abstract

Koga Hによる研究を興味深く読んだ 1 私たちのデータ(表1)を含む最近の観察に照らして、水疱の局所化の説明としての「デスモグレイン補償理論」を再考すべきであると考えている 2,3,4。 自己抗体によるデスモグレイン依存性細胞接着の破壊は、天疱瘡の水疱形成の基礎となる基本的な病態生理である 2-4臨床的スペクトルは、この病原性過程を常に反映しているとは限らない。 3種類の臨床型の天疱瘡が記載されており、粘膜優性、皮膚および皮膚粘膜型 2 3,4 ,, .
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bjd.12012/abstract

水疱性類天疱瘡(BP)は、自己免疫性水疱性皮膚疾患である。 BP180およびBP230に対する自己抗体は、異なる基質(食道、塩分割皮、BP180-抗原点、BP230-トランスフェクト細胞)およびELISAでの間接免疫蛍光(IIF)によって検出することができる。 ここでは、これらのテストシステムのテスト特性を比較しました。 我々は、組織病理学的に臨床診断が確認されたBP患者(n = 60)からの血清を分析した。 対照コホートは、他の自己免疫関連(n = 22)または炎症(n = 35)の皮膚疾患を有する患者由来の血清を含んでいた。 すべての試料をIIF(ユーロマンモール(EUROIMMUN)(登録商標)Dermatology Mosaic)およびELISA(EUROIMMUNおよびMBL)によって試験した。 抗BP180は、IIF(感受性:180%;特異性:88%)によってBP97-抗原ドットで最もよく検出される。 IIFと比較して、両方のBP180 ELISA技術との違いは小さい。 正と負のテスト結果の尤度比(LR)は、すべてのテストシステムで> 10、0.1と0.2の間です。 抗BP230の検出は非常に可変である(感度範囲38-60%;特異性範囲83-98%)。 IIF検査のみが陽性検査結果> 10のLRを示す。 ネガティブテストのLRはすべて〜0.5なので、抗BP230抗体のネガティブテスト結果はBPを除外するのに役立たない。 結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。

結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。 PMID:22580378 [PubMed - プロセス中](出典:免疫学的方法のジャーナル)
MedWormから:天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6304089&cid = c_297_3_f&fid = 33859&url = http%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2FPubMed%2F22580378%3Fdopt%3DAbstract