タグのアーカイブ: 自己免疫疾患

自己免疫疾患は、身体の免疫系が正常な身体組織や攻撃を認識せず、外部の生物を攻撃するのではなく、外的であるかのようにそれらを破壊するときに発症する。 原因は完全には理解されていないが、場合によっては、微生物または他の環境的原因、特に障害に遺伝的素因を有する人々に曝露されることによって自己免疫疾患が誘発されると考えられている。 単一の器官または複数の器官および組織が冒されている可能性があります。

軽度の発疹から生命を脅かすような状態に至るまでの症状を伴う多くの自己免疫疾患があり、主要な臓器系を攻撃する。 それぞれの病気は異なりますが、免疫系の機能不全はすべてに存在します。 病気の症状は、どの組織が破壊の標的になるかによって異なる。 すべての自己免疫疾患に共通する症状には、疲労、めまい、倦怠感、および低悪性度の発熱が含まれる。

自己免疫疾患は、臓器特異的障害および非器官特異的タイプに分類されることが多い。 頻繁に冒される器官および組織には、甲状腺、膵臓、および副腎などの内分泌腺; 血液の成分、例えば赤血球; および結合組織、皮膚、筋肉、および関節を含む。

臓器特異的障害では、自己免疫プロセスは主に1つの臓器に向けられる。 しかし、同時にいくつかの臓器特異的疾患を経験するかもしれない。 非臓器特異的障害では、自己免疫活性が身体全体に広く広がっている。 これには、関節リウマチ(関節)、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎(結合組織)が含まれる。

米国自己免疫疾患協会によると、自己免疫疾患症例の75%は女性、特に子供を抱えている人々に発生します。 その原因は完全には理解されていないが、ある場合には、特にその疾患の遺伝的素因を有する人々の微生物への暴露によって誘発されると考えられている。

共通のタイプ 限局性自己免疫障害:

  • アジソン病(副腎)
  • 自己免疫性肝炎(肝臓)
  • セリアック病(消化管)
  • クローン病(消化管)
  • グレーブス病(過活動甲状腺)
  • ギラン・バレー症候群(中枢神経系)
  • 橋本甲状腺炎(甲状腺機能低下)
  • 多発性硬化症
  • レイノー現象(指、つま先、鼻、耳)
  • タイプ1糖尿病(膵島)
  • 潰瘍性大腸炎(消化管)共通のタイプ 全身性自己免疫疾患:
  • ループス[全身性エリテマトーデス](皮膚、関節、腎臓、心臓、脳、赤血球、その他)
  • リウマチ性多発筋痛(大きな筋肉群)
  • 関節リウマチ(関節、あまり一般的でない肺、皮膚、および若年性関節リウマチ)
  • 強皮症(皮膚、腸、あまり一般的ではない肺)
  • シェーグレン症候群(唾液腺、涙腺、関節)
  • 全身性硬化症
  • 時代性動脈炎/巨細胞性動脈炎(頭頸部動脈)

SCCAで幹細胞移植で治療される自己免疫疾患のタイプには、

  • 多発性硬化症
  • 全身性硬化症
  • 全身性エリテマトーデス
  • まれな神経疾患

SCCAで治療される他の自己免疫疾患には、

  • 自己免疫小脳変性
  • 自己免疫末梢神経障害
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)
  • 遅発性多発ニューロパシー(GALOP)を伴う歩行運動失調
  • ランバートイートン重症筋症
  • 重症筋無力症
  • オプソクロナス/ミオクローヌス(Anti-Ri)
  • ラスムッセンの脳炎
  • 堅い人の症候群
  • 熱帯性痙攣症候群HTLV-1関連脊髄症(TSP / HAM)

血液細胞に影響を及ぼす自己免疫疾患については、「血液障害」で説明します。

  • 免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)
  • 自己免疫性溶血性貧血
  • 自己免疫好中球減少症