タグのアーカイブ: バイオチップス

背景

様々な抗原特異的イムノアッセイが、自己免疫性水疱性疾患の血清学的診断に利用可能である。 しかしながら、診断を確立するためには、異なる組織ベースおよび一価の抗原特異的アッセイのスペクトルが必要である。 異なる抗原基質からなるBIOIPモザイクは、多価免疫蛍光(IF)試験を可能にし、単一のインキュベーションで抗体プロファイルを提供する。

メソッド

霊長類食道、霊長類塩分裂皮膚、四量体BP180-NC16Aの抗原ドットならびにデスモグレイン1-、デスモグレイン3-およびBP230gC-発現を含む、間接IF用のスライドを調製したヒトHEK293細胞。 このバイオチップモザイクは、尋常性天疱瘡(PV、nは65)、天疱瘡(PF、nは50)、水疱性類天疱瘡(BP、nは42)、および非炎症性皮膚疾患(nは97に等しい)ならびに健康な献血者(nは100に等しい)から得た。 さらに、日常的な診断における有用性を評価するために、免疫胆汁性疾患の疑いのある患者由来の454連続血清を、a)IF BIOCHIPモザイクおよびb)特殊なセンターで一般的に使用される単一抗体アッセイのパネルを用いて前向きに前向きに分析した。

結果

BIOCHIPモザイクを用いて、デスモグレイン1-、デスモグレイン3-、およびNC16A-特異的基質の感度は、それぞれ90パーセント、98.5パーセントおよび100パーセントであった。 BP230は、BP血清の54パーセントによって認識された。 特異性は、すべての基質について98.2パーセントから100パーセントまでの範囲であった。 前向き研究では、血清自己抗体を含まないBP、PV、PF、および血清(0.88と0.97の間のCohen'sカッパ)の診断のために、BIOCHIPモザイクによって得られた結果と単一の試験パネルとの間に高い一致が見出された。

結論

BIOCHIPモザイクには、BP、PF、PVの間接的IF診断のための高感度で特異的な基質が含まれています。 その診断精度は、従来の多段階アプローチに匹敵する。 高度に標準化され実用的なBIOCHIPモザイクは、自己免疫性膨れ疾患の血清学的診断を容易にする。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.medworm.com/index.php?rid=6328120&cid=c_297_49_f&fid=36647&url=http%3A%2F%2Fwww.ojrd.com%2Fcontent%2F7%2F1%2F49