タグのアーカイブ: Buerkle

国会議員のアン・マリー・ビューエル(R-NY 25th)

3月に、28、2012は、自己免疫患者群(NCAPG)の全国連合と協力して、「自己免疫疾患の多世代的影響:アメリカの静かな健康危機」と題した議会ブリーフィングを共催した。

IPPFは、アリーマリーBuerkle(R-NY 25th)議員が自己免疫疾患の部門間調整委員会を設立する二党派の法案を後援しており、完全なハウスのリーダーシップの支持を持っていることを発表することを喜んでいる。 法案は優れており、自己免疫疾患部門間調整委員会(ADICC)と呼ばれる非常に高いレベルの委員会を設立する。 委員会は、自己免疫疾患の定義と同定、自己免疫疾患の戦略計画の報告、自己免疫疾患に関する医療従事者の教育と継続的な教育に関する勧告を行うための基準を開発する責任を負う。 含まれる資金はそれほど多くはないが(わずか$ 1万ドル)、ADICCが法案の期間内に予算上の推奨を行うため、将来の資金調達が増える可能性がある。

私は彼らが単一の病気についての言葉を全く含まないと言われており、下院指導部はまた、いかなる法律上の言語においても単一の病気(自己免疫病だけでなく)を支持しないことを決定した。 したがって、すべての自己免疫疾患に利益をもたらすこの法案の後ろに一緒にバンドすることは本当に意味をなさないでしょう。

米国自己免疫関連疾患協会(AARDA)は、社会保健行政をADICCに含めるよう勧告し、議員が同意しているかどうかを聞くのを待っている。 AARDA加盟組織はまた、自己免疫疾患の医療費(現在は未知)の研究を支援する言語を持ちたいと考えており、これを実現するために協力しています。

IPPFはAARDAの長年のメンバーです(www.aarda.org)およびNCAPG。 これは、すべての自己免疫疾患のために一緒に働く絶好の機会です。 IPPFは、この法案の進捗状況について会員を掲載し続けます。 お気軽に米国代表者に連絡して、この請求書を支持していることを知らせてください。

議会(www.congress.gov)| 衆議院 (www.house.gov)