タグのアーカイブ: 水疱性類天疱瘡

水疱性類天疱瘡(BP)は、自己免疫性水疱性皮膚疾患である。 BP180およびBP230に対する自己抗体は、異なる基質(食道、塩分割皮、BP180-抗原点、BP230-トランスフェクト細胞)およびELISAでの間接免疫蛍光(IIF)によって検出することができる。 ここでは、これらのテストシステムのテスト特性を比較しました。 我々は、組織病理学的に臨床診断が確認されたBP患者(n = 60)からの血清を分析した。 対照コホートは、他の自己免疫関連(n = 22)または炎症(n = 35)の皮膚疾患を有する患者由来の血清を含んでいた。 すべての試料をIIF(ユーロマンモール(EUROIMMUN)(登録商標)Dermatology Mosaic)およびELISA(EUROIMMUNおよびMBL)によって試験した。 抗BP180は、IIF(感受性:180%;特異性:88%)によってBP97-抗原ドットで最もよく検出される。 IIFと比較して、両方のBP180 ELISA技術との違いは小さい。 正と負のテスト結果の尤度比(LR)は、すべてのテストシステムで> 10、0.1と0.2の間です。 抗BP230の検出は非常に可変である(感度範囲38-60%;特異性範囲83-98%)。 IIF検査のみが陽性検査結果> 10のLRを示す。 ネガティブテストのLRはすべて〜0.5なので、抗BP230抗体のネガティブテスト結果はBPを除外するのに役立たない。 結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。

結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。 PMID:22580378 [PubMed - プロセス中](出典:免疫学的方法のジャーナル)
MedWormから:天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6304089&cid = c_297_3_f&fid = 33859&url = http%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2FPubMed%2F22580378%3Fdopt%3DAbstract

抽象

背景:

体系的なレビューとメタアナリシスは、証拠を正確かつ確実に要約するための不可欠なツールであり、患者の診断と治療のための実践ガイドラインを作成する出発点として使用することができます。

AIM:

自己免疫性水疱性皮膚疾患の診断において抗BP180および抗デスモグリン3(Dsg3)自己抗体を検出する酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)の診断精度を評価すること。

方法:

「BP1994自己抗体」、「Dsg2011自己抗体」、および「酵素結合免疫吸着アッセイ」という検索用語を使用して、180と3との間に公表された診断書の感度および特異性に関するデータを報告する英文論文のMedline検索を行った。 選択された記事は、診断精度(カットオフ値の定義、ROC曲線の使用、および制御事例の選択)を計算するために使用される統計的方法の品質に従って評価されている。 メタ分析は、サマリーROC(SROC)曲線およびランダム効果モデルを使用して、研究を通して感度および特異性を独立して組み合わせた。

結果:

この検索により、BP69自己抗体上の180刊行物およびDsg178自己抗体上の3刊行物が得られた。 30の研究では、抗Dsg17自己抗体を探索するためのアッセイに関するデータが提供されていましたが、180の研究では包括的基準に合致していました:583は、水疱性類天疱瘡(BP)の13患者のサンプルでBP3に対する自己抗体を検出するアッセイに関するデータを提供しました。尋常性天疱瘡(PV)を有する1058患者のサンプル。 BP17自己抗体に関する180研究は、0.87(95に対する0.85%信頼区間(CI)0.89)および0.98(CI、0.98から0.99へのプールされた特異性)のプールされた感受性を生じた。 SROC曲線の曲線下面積(AUC)は0.988であり、サマリー診断オッズ比は374.91(CI、249.97から562.30)であった。 包含基準を満たすDsg13自己抗体に関する3研究は、0.97(CI、0.95から0.98)のプールされた感受性および0.98(CI、0.98から0.99)のプールされた特異性を生じた。 SROC曲線のAUCは0.995であり、要約診断オッズ比は1466.11(95%CI、750.36から2864.61)であった。

結論:

メタ分析の結果、抗BP180自己抗体および抗Dsg3自己抗体のELISA試験は、それぞれBPおよびPVに対して高い感受性および特異性を有し、自己免疫性水疱性皮膚疾患の初期診断のために毎日の実験室で実施することができることが実証された。
PMID:22781589 [出版社提供のPubMed](出典:Autoimmunity Reviews)

MedWormから:天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6303276&cid = c_297_3_f&fid = 34528&url = http%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2FPubMed%2F22781589%3Fdopt%3DAbstract

水疱性類天疱瘡(BP)は、自己免疫性水疱性皮膚疾患である。 BP180およびBP230に対する自己抗体は、異なる基質(食道、塩分割皮、BP180-抗原ドット、BP230-トランスフェクト細胞)およびELISAでの間接免疫蛍光(IIF)によって検出することができる。 ここでは、これらのテストシステムのテスト特性を比較しました。 我々は、組織病理学的に臨床診断が確認されたBP患者(n = 60)からの血清を分析した。 対照コホートは、他の自己免疫関連(n = 22)または炎症(n = 35)の皮膚疾患を有する患者由来の血清を含んでいた。 全ての試料をIIF(ユーロマンマン皮膚科モザイク)およびELISA (EUROIMMUNとMBL)。 抗BP180は、IIF(感受性:180%;特異性:88%)によってBP97-抗原ドットで最もよく検出される。 IIFと比較して、両方のBP180 ELISA技術との違いは小さい。 正と負のテスト結果の尤度比(LR)は、すべてのテストシステムで> 10、0.1と0.2の間です。 抗BP230の検出は非常に可変である(感度範囲38-60%;特異性範囲83-98%)。 IIF検査のみが陽性検査結果> 10のLRを示す。 ネガティブテストのLRはすべて〜0.5なので、抗BP230抗体のネガティブテスト結果はBPを除外するのに役立たない。 結論として、多パラメータIIF検査は、BPにおける良好な診断性能を示す。 この試験は、同時に、天疱瘡の葉状疱疹および尋常性天疱瘡に関与する抗Dsg1および抗Dsg3抗体の検出を可能にするので、最も頻繁な自己免疫性膨れ疾患を区別するのに単一の試験インキュベーションで十分であり得る。

著作権©2012エルゼビアBV無断複写·転載を禁じます。

ソース: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22580378?dopt=Abstract

この記事では、いくつかの水疱性疾患の治療のためのMMFの使用を検討し、臨床試験および症例シリーズから得られたエビデンスを評価します。 多数の症例シリーズによれば、MMFは難治性疾患の治療において価値がある可能性がある。 天疱瘡および水疱性類天疱瘡患者の現在まで実施されたいくつかの無作為化臨床試験では、他の免疫抑制剤に対するMMFの同様の有効性が報告されている。 (出典:北米の免疫学およびアレルギー診療所)

MedWormから:天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6018247&cid = c_297_3_f&fid = 33229&url = http%3A%2F%2Fwww.immunology.theclinics。com%2Farticle%2FPIIS0889856112000252%2Fabstract%3Frss%3Dyes

最も一般的な自己免疫性水疱性疾患である水疱性類天疱瘡は、XVII型コラーゲンに対する自己抗体によって誘導される。 動物へのXVII型コラーゲンに対するIgGまたはIgE抗体の受動的伝達は、これらの抗体の病原性だけでなく、補体活性化、肥満細胞脱顆粒および好中球および/または好酸球の浸潤を含むその後の免疫応答も明らかにした。 XVII型コラーゲンの外部ドメイン排出に関するインビトロ研究はまた、水疱性類天疱瘡の発生に関する基礎知識も提供している。 XVII型コラーゲンに対する病原性自己抗体の発生における自己反応性CD4 + Tリンパ球の病原性の役割にも留意すべきである。 (出典:北米の免疫学およびアレルギー診療所)
MedWormの質問から:類天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6018238&cid = u_0_3_f&fid = 33229&url = http%3A%2F%2Fwww.immunology.theclinics。com%2Farticle%2FPIIS0889856112000161%2Fabstract%3Frss%3Dyes