タグのアーカイブ: ネコ

口腔は、歯肉および/または口腔粘膜の炎症を特徴とする多種多様な障害によって影響され得る。 イヌおよびネコにおいて、一般化された口腔炎症性疾患の鑑別診断には、斑反応性粘膜炎、慢性歯肉口内炎、好酸球性肉芽腫複合体、天疱瘡および類天疱瘡障害、多形性紅斑および全身性エリテマトーデスが含まれる。 さらに、歯内または膿瘍、感染病態、反応性病変および腫瘍性病態は、口腔粘膜の局所化または全身性炎症を最初に示し得る。 口腔炎症状態の根底にある原因の決定は、徹底的な病歴、完全な身体的および口頭の検査、ならびに病変の切開生検および組織病理学的検査に依存する。

記事:http://www.vetsmall.theclinics.com/article/S0195-5616(13)00009-0/abstract

ピクチャー:http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0195561613000090

 

256px-Hausziege_04

天疱瘡および類天疱瘡は、家畜および推定自己免疫性の珍しい皮膚科学的実体である。 ある形では、犬、猫、馬、ヤギで報告されています。 これらの疾患は水疱性皮膚病であると考えられているが、個々の状態に応じて潰瘍性のものから剥離性のものまで様々である。 瘢痕性鼻疽症はまだ動物において決定的に実証されていないが、現在、天疱瘡の4つの変異型(尋常性腸症候群、菜食媒介病、葉状硬化症、紅斑性狼瘡)および類天疱瘡(水疱性胆汁性疾患) 診断は、歴史、臨床徴候、組織病理学および免疫病理学に基づいている。 療法は効果的であるために免疫抑制的でなければならず、治癒的ではなく緩和的である。

記事全文はこちらから: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1680036/

Screenshot_2Pemphigus foliaceus(PF)は、感染したネコの鼻、鼻腔、眼周囲、顎、足に最も一般的に、膿疱および外傷病変を引き起こす免疫媒介性疾患である。 細胞間癒着の脱水によって引き起こされるアカントホリック細胞は、細胞診でしばしば見られるが、PFについては病理学的ではない。 確定診断は、非変性好中球およびアカントゴリティック細胞を伴う下房の膿疱を示す組織病理に基づいて行われる。 PFは、免疫抑制用量のコルチコステロイド単独で、またはクロラムブシルまたはシクロスポリンなどの他の免疫抑制薬と組み合わせて治療される。 ほとんどの患者は、病気を寛解状態に保つために、これらの薬剤で生涯にわたる治療を受ける必要があります。

6 kgを体重とした3.4歳の、去勢された飼い犬の家畜であるHersheyは、頭部、耳、爪床、および鼻領域に急性発症の非角質の外傷性病変を示した。 彼女は嗜眠と食欲不振の2日の歴史を持ちました。 彼女は病気の病歴はなく、予防接種については最新のものでした。

記事全文: http://mobile.vetlearn.com/Media/images/pdf/2010/PV/PV0510_mckay_Derm.pdf

犬および猫の最も一般的な自己免疫皮膚状態である天疱瘡は、膿疱、びらん、および痂皮によって特徴付けられる。 この記事では、犬と猫の尋常性天疱瘡の診断と治療に焦点を当てます。

ケラチノサイト接着構造に対する攻撃の徴候は臨床的に明らかである。 表面ケラチノサイト間のタイトな結合が影響を受けると、それは小胞および膿疱として現れる。 基底細胞ケラチノサイトと皮膚の基底膜との間のタイトな結合が影響を受けると、それは水疱(大きな水泡)および潰瘍として現れる。

人々の天疱瘡では、自己抗体の最も一般的な標的は、デスモソーム中のデスモグレイン1(DSG1)糖タンパク質である。 自己抗体応答は、主にIgG(IgG4サブクラス)を含む。 Pemphigus foliaceusのイヌにおける最初の研究では、IgG自己抗体応答はほとんど検出されなかったが、間接免疫蛍光検査で異なる基質を用いた最近の研究では、IgG自己抗体がイヌ系天疱瘡において重要であることが確認された。 しかし、DSG1は、イヌの天疱瘡では一般的に標的とされていない。 デスモソームのどの部分が犬の天疱瘡の葉状疱疹のほとんどの症例において標的とされているかはまだ分かっていない。 初期のイムノブロッティング研究は、標的が148 kDaまたは160 kDaタンパク質であることを明らかにした。 免疫電子顕微鏡法は、自己抗体結合部位がデスモソームの細胞外領域にあることを示している。

遺伝的要因は、天疱瘡の発生に影響を与える可能性があります。 犬では、それは密接に関連した遺伝子型である、Akitasとchowsとの2つの品種でより頻繁に診断される。 同腹仔においても天疱瘡が報告されている。 ネコの天疱瘡の葉柄においては、品種の処分は認められていない。 性別および年齢は、イヌおよびネコの尋常性天疱瘡の発生とは無関係であると思われる。 発症年齢は可変であり、犬では1年から16年、1年齢未満である4 猫の17歳まで。