タグのアーカイブ: 小児期尋常性天疱瘡

天疱瘡は、潜在的に致命的な自己免疫表皮性水疱性障害である。 リツキシマブは、難治性天疱瘡の治療のための新規療法である。 しかし、リツキシマブの安全性と有効性に関する小児年齢群の臨床データは限られている。 本明細書では、デキサメタゾンパルス療法に応答できず、その後リツキシマブで治療され、完全寛解を達成した、幼児期尋常性天疱瘡の11歳の少年を報告する。

http://www.ijdvl.com/article.asp?issn=0378-6323;year=2012;volume=78;issue=5;spage=632;epage=634;aulast=Kanwar