タグのアーカイブ: コリン作動薬

ヒト表皮は、ケラチノサイト(kc)アセチルコリン(Ach)軸を含む非ニューロンのコリン作動系を示し、これは酵素および2つのファミリーのAch受容体(ムスカリン性およびニコチン性受容体)によって構成される。 これら2つの受容体の活性は、カドヘリンおよびインテグリンのような細胞間接着分子の調節を改変するインターケラチノサイトおよびkcs-細胞外マトリックス接着を調節することができる。 いくつかの著者は、天疱瘡の漿液溶解は、抗デスモグレイン抗体(abs)(大部分はIgG)に依存するだけでなく、kc膜抗原(例えば、抗Ach受容体Ab)に対する他のabsにも依存することを示している。 天疱瘡の病因の初期段階において、抗Ach受容体Abは、細胞形状および細胞間接着に必須のAchシグナル伝達をブロックし、接着分子のリン酸化を増加させる。 抗レセプター抗体の作用と組み合わせると、抗Achレセプター抗体はアカントホリック現象を引き起こす。 インビトロ実験は、アントロンティックなkcsにおけるAchの高用量は、この病理学的事象を急速に逆転させることができることを示している。 新生児モデルの天疱瘡のモデルを用いたインビボ実験は、コリン作動性アゴニストがこれらの病変を減少させることを実証している。 コリン作用刺激作用を示す薬剤であるピリドスチグミン臭化物とニコチンアミドを経口投与すると、天疱瘡の病気に罹患した患者には奨励効果が得られます。 コリン作動性薬剤は、アカントラチス病の初期段階に関与する可能性があるため、天疱瘡の治療において戦略的役割を果たすことができる。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ingentaconnect.com/content/ben/aiaamc/2012/00000011/00000003/art00008