タグのアーカイブ: 好酸球性肉芽腫複合体

口腔は、歯肉および/または口腔粘膜の炎症を特徴とする多種多様な障害によって影響され得る。 イヌおよびネコにおいて、一般化された口腔炎症性疾患の鑑別診断には、斑反応性粘膜炎、慢性歯肉口内炎、好酸球性肉芽腫複合体、天疱瘡および類天疱瘡障害、多形性紅斑および全身性エリテマトーデスが含まれる。 さらに、歯内または膿瘍、感染病態、反応性病変および腫瘍性病態は、口腔粘膜の局所化または全身性炎症を最初に示し得る。 口腔炎症状態の根底にある原因の決定は、徹底的な病歴、完全な身体的および口頭の検査、ならびに病変の切開生検および組織病理学的検査に依存する。

記事:http://www.vetsmall.theclinics.com/article/S0195-5616(13)00009-0/abstract

ピクチャー:http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0195561613000090