タグのアーカイブ: 疫学

背景: 天疱瘡は自己免疫性水疱性疾患である。 報告書によると、ペルーの風土病性天疱瘡(EPF)の地域では、ブラジルの「風土病性天疱瘡」(EPV)と同様の疫学的、臨床的および組織病理学的特徴を有する尋常性天疱瘡の症例がある。
目的: 治療中の合併症を発症するための固有性天疱瘡の臨床的および疫学的特徴および患者の危険因子を決定すること。
方法: 7月の2003から3月の2008までの研究が行われました。 研究集団は、EPNを有する60患者であり、EPVを有する7患者は、ペルーAmazonおよびリマの病院および診療所で評価された。 バイナリロジスティック回帰を用いて多変量解析を行った。
結果: EPF患者の平均年齢は31.4歳であった。 55%は男性でした。 60%は一般化された臨床変種を提示した。 患者の57.1%で治療に対する不適合が認められた。 治療中に35%が合併症(例えば、膿皮炎および腎盂腎炎)を示した。 治療中に合併症を発症する危険因子は、治療法に準拠せず、一般化した臨床形態を有するものであった。 EPV群では平均年齢は21.7年であった。 71.4%は男性でした。 皮膚粘膜の臨床的変種および最初の提示を提示された全ての患者は、口腔粘膜病変からなり、 71.4%は治療中に合併症を示し、最も重篤なのは膿疱炎である。
結論: 治療および一般化された臨床形態の不適合は、EPF患者の治療中の合併症の発症の危険因子である。 ペルーは実際にEPFに類似した疫学的特徴を有するEPV症例を有する。 農村地域に住むことは、EPV患者の治療中に合併症が発症するリスク要因となる可能性がある。

完全な記事はここで見ることができます: http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0365-05962012000600003&lng=en&nrm=iso&tlng=en