タグのアーカイブ: 馬の

アメリカンクォーターホース尋常性天疱瘡は、ヒトおよびイヌに影響を及ぼす自己免疫疾患であり、猫および馬にはそれほどではない。
ウマでは、それはしばしば頭部および下肢で始まる原発病変によって特徴付けられる。 二次病変は他の領域に広がり、滲出物は地殻に乾く。 脚と腹部には膨大な浮腫(腫脹)がみられることがあります(「腹部の浮腫」と呼ばれます)。
馬の尋常性天疱瘡(EPF)はまれであると考えられており、徴候や症状は虫刺されたアレルギー(痂皮病変)、鳩熱(腹部浮腫)または他の皮膚病などの他の状態に似ている可能性があります。
EPFを診断する主な方法は、獣医病理学者によって検査される皮膚のパンチ生検による。 病理学者は、この診断と一致する変化を探すと同時に、他の原因も除外する。
EPFの馬は、発熱、うつ病、食欲不振、嗜眠および体重減少の病気の全身徴候も有し得る。 皮膚に触れると痛いかもしれないし、腫れが歩くことや寝るのを困難にする可能性があります。