タグのアーカイブ: 生殖細胞系

MedWire News:研究者は、水疱性皮膚疾患の天疱瘡尋常性疣贅(PV)を有する患者の血清中に見出される自己抗体の主要な標的を同定した。

PV患者は、デスモグレイン(DSG)1および3タンパク質に対して抗体を発現し、これは表皮細胞が互いに粘着して皮膚の完全性を維持するのを助け、皮膚および粘膜に激しい膨れを引き起こす。

Giovanna Zambruno(Istituto Dermopatico dell'Immacolata、Rome、Italy)および同僚らは、DSG3細胞外ドメイン(EC)1のシス接着界面がPV自己抗体(A)224の主要標的であることを発見したPV。

既存の治療法は免疫系全体を標的としていますが、これは副作用の問題を引き起こし、患者が感染に脆弱になる可能性があります。

より具体的には、Zambrunoおよびチームは、障害を有する2人の患者由来のDSG15に特異的な3免疫グロブリン(Ig)G抗体を単離した。

これらのうち、実験室では3つの破壊された皮膚細胞の層があり、2つはマウスの受動的伝達モデルで発現されたとき病原性であった。

病原性PV抗体によって認識されるエピトープをDSG3 EC1およびEC2サブドメインに単離し、特定の血清学的アッセイを用いて、PVA224の標的をEC1上のシス - 接着界面であると特定した。

研究者らは、体細胞突然変異が生殖系列配列に復帰したときにDSG3への結合が消失したため、PVで見られる自己反応性がDSG3以外の抗原によって生成される体細胞突然変異によることを示唆している。

「病原性抗体を標的とする免疫優性領域の同定は、PVの診断に影響を及ぼし、PV患者の治療のための治療アプローチの確立に向けた新たな展望を開く」と、Zambruno氏とチーム 臨床調査のジャーナル.

「最後に、PV自己抗体の生殖系列化バージョンは、最終的にこの生命を脅かす疾患の発症につながる抗原の同定につながる可能性があります。

medwireNews(www.medwire-news.md)は、Springer Healthcare Limitedが提供する独立した臨床ニュースサービスです。 ©Springer Healthcare Ltd; 2012

で読む: http://www.medwire-news.md/66/101414/Dermatology/Therapeutic_targets_for_pemphigus_vulgaris_discovered.html