タグのアーカイブ: 歯齦炎

バックグラウンド: 落屑性歯肉炎は、いくつかの皮膚粘膜障害に関連する臨床症状を指す。 最も一般的なものは、粘膜膜類天疱瘡、尋常性天疱瘡および扁平苔癬である。 それらの特異的診断は、組織病理学的評価および免疫蛍光評価により良好に確立される。

目的: 反射共焦点顕微鏡法を用いた剥離性歯肉炎の症例を検討し、正常な歯肉のものと比較する。 さらに、剥離性歯肉炎における共焦点顕微鏡検査所見を、この非侵襲性診断技術の基準を確立するために、生検病変の従来の組織病理学と比較した。

メソッド: 粘液性類天疱瘡、尋常性天疱瘡および扁平苔癬が疑われる症例が含まれ、25症例が集計された。 反射共焦点顕微鏡検査は、健康な人の歯肉および歯肉病変で実施した。 反射共焦点顕微鏡 - 組織病理学的相関を行うために、すべての病変を生検した。

結果: 粘膜類天疱瘡の疑いのある歯肉病変の反射共焦点顕微鏡検査では、皮膚 - 表皮接合部のレベルで、血液細胞と解釈される小さな明るい構造で満たされた分離が明らかになった。 組織病理学的および免疫蛍光学的側面は診断を確認した。 尋常性天疱瘡の場合、反射共焦点顕微鏡検査の局面は、組織病理学的特徴と同様に、角質細胞ケラチノサイトとして解釈される円形剥離細胞を伴う上皮間裂のものであった。 ハニカムケラチノサイト上皮構造を混在させる小さな明るい細胞として認識される炎症細胞の浸潤に関連する過角化症およびスポンジ症が扁平苔癬で見られた。 真皮中のメラニン細胞として解釈される、壊死ケラチノサイトおよび軽度の明るい星状構造として解釈される軽度の明るい丸い構造も見られた。 これらの特徴は組織病理に存在し、扁平苔癬の診断を確認した。

結論: 我々は、剥離性歯肉炎の3つの最も一般的な原因を区別するのに役立つ有用なツールとして反射共焦点顕微鏡の使用を提案する。

完全な記事は以下から入手可能です: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bjd.12021/abstract