タグのアーカイブ: 毛包

背景

いくつかの免疫芽球障害には、表皮内または真皮 - 表皮接合部の脆弱性があり、これは生検試料の完全性および直接免疫蛍光(DIF)解釈を損なう可能性がある現象である。 これらの状況では、皮膚付属器構造(例えば、毛包、汗消毒装置)は通常損なわれないままである。 periadnexal DIF所見が免疫芽球病態の診断において信頼できるかどうかは不明である。

メソッド

我々は、56皮膚標本を付属免疫構造を含む診断免疫グロブリン(Ig)沈着パターンで評価した。 当然の研究では、145ヘマトキシリン - エオシン染色した凍結検体を検査し、付属組織の存在に関連する生検因子を決定した。

結果

腹腔内DIF所見は、線状または細胞表面Ig沈着またはループス帯の状態で診断感度を提供した。 Periadnexal DIF所見は、疱疹状皮膚炎では信頼できなかった。 頭皮および生殖器の生検標本は、それぞれ、濾胞性ユニットおよび汗管装置を含む可能性が最も高い。 生検の相対的な深さは、汗管装置を特定する可能性と直接関連したが、濾胞性ユニットは同定しなかった。

結論

腹腔内DIF所見は、類天疱瘡、天疱瘡および紅斑性狼瘡のDIF評価において診断感度を増強する可能性がある。 病理学者は、医師が特定の解剖学的部位を生検し、付属器官構造を捕捉する確率を高め、したがってDIF標本からの診断収率を高めるのに十分な生検深度を得ることを導くことができる。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/cup.12037/abstract;jsessionid=3F2630588C1F530B2EA2A49E77F0D8D5.d02t01