タグのアーカイブ: うま

256px-Hausziege_04

天疱瘡および類天疱瘡は、家畜および推定自己免疫性の珍しい皮膚科学的実体である。 ある形では、犬、猫、馬、ヤギで報告されています。 これらの疾患は水疱性皮膚病であると考えられているが、個々の状態に応じて潰瘍性のものから剥離性のものまで様々である。 瘢痕性鼻疽症はまだ動物において決定的に実証されていないが、現在、天疱瘡の4つの変異型(尋常性腸症候群、菜食媒介病、葉状硬化症、紅斑性狼瘡)および類天疱瘡(水疱性胆汁性疾患) 診断は、歴史、臨床徴候、組織病理学および免疫病理学に基づいている。 療法は効果的であるために免疫抑制的でなければならず、治癒的ではなく緩和的である。

記事全文はこちらから: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1680036/

アメリカンクォーターホース尋常性天疱瘡は、ヒトおよびイヌに影響を及ぼす自己免疫疾患であり、猫および馬にはそれほどではない。
ウマでは、それはしばしば頭部および下肢で始まる原発病変によって特徴付けられる。 二次病変は他の領域に広がり、滲出物は地殻に乾く。 脚と腹部には膨大な浮腫(腫脹)がみられることがあります(「腹部の浮腫」と呼ばれます)。
馬の尋常性天疱瘡(EPF)はまれであると考えられており、徴候や症状は虫刺されたアレルギー(痂皮病変)、鳩熱(腹部浮腫)または他の皮膚病などの他の状態に似ている可能性があります。
EPFを診断する主な方法は、獣医病理学者によって検査される皮膚のパンチ生検による。 病理学者は、この診断と一致する変化を探すと同時に、他の原因も除外する。
EPFの馬は、発熱、うつ病、食欲不振、嗜眠および体重減少の病気の全身徴候も有し得る。 皮膚に触れると痛いかもしれないし、腫れが歩くことや寝るのを困難にする可能性があります。