タグのアーカイブ: IgG4

私たちの研究室では、免疫系がデスモグレインに対する抗体を生成するという、尋常性天疱瘡と呼ばれる希少で衰弱性の自己抗体媒介疾患を研究しています。デスモグレインは皮膚細胞をまとめる原因となるタンパク質です。

尋常性天疱瘡のような自己免疫状態における疾患の異種性の分子的基礎はほとんど理解されていない。 デスモグレイン3(Dsg3)は、PV中の免疫グロブリン(Ig)自己抗体の主な標的として十分に確立されているが、患者サブセット間の抗Dsg3 Igサブタイプの全体的分布およびアイソタイプスイッチが可能であるかどうかに関するかなりの論争疾患活動の段階の間に観察された。 PVのIgアイソタイプ特異性に関連する顕著な問題に体系的に対処するために、1患者の2血清サンプル中のIgA、IgM、IgG3、4、3および202抗Dsg92レベルを、 (HLAタイプ、性別、発症年齢)臨床パラメーター、およびHLA適合および不適合コントロールからの47血清サンプルの変化を評価した。 私たちの知見は、寛解患者よりも有意に高いレベルでPV中の主な抗体としてIgG4およびIgG1を同定する以前の研究を支持する。 我々は、疾患活性と寛解の段階の間でアイソタイプの切り替えについての証拠は見られず、IgG4およびIgG1サブタイプの両方が、対照と比較して寛解患者において上昇したままである。 しかし、我々はIgG4が、異なる疾患形態、疾患持続時間、およびHLAタイプに基づいてPV患者サブグループをさらに区別する唯一のサブタイプであることを見出している。 これらのデータは、疾患の表現型発現に関与する免疫機構についてのさらなる洞察を提供し、ますます特異的かつ個別化された治療的介入を容易にするために、疾患異種性の根底にある包括的な免疫プロファイルを確立するための、

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22779708

バックグラウンド Pemphigus vulgaris(PV)およびPemphigus foliaceus(PF)は、デスモグレイン(Dsg)接着タンパク質を標的とする自己抗体によって引き起こされる、潜在的に致命的な水疱性疾患である。 以前の研究では、天疱瘡における抗Dsg抗体のIgG4> IgG1優位性が示されている。 しかしながら、天疱瘡における全血清IgG4レベルを調べた研究はない。 IgG4は、慢性抗原刺激によって誘発され、これは持続的な皮膚ふくれにより起こり、天疱瘡患者の他のIgGサブクラスと比較して全血清IgG4を潜在的に上昇させる可能性がある。

目標 この研究の第一の目的は、天疱瘡を有する患者の総IgGおよびDsg特異的IgGサブクラスを定量することであった。

メソッド IgGサブクラスおよびDsg特異的IgG1およびIgG4を、PVおよびPFを有する患者において、およびサブクラス酵素結合免疫吸着アッセイを用いて年齢適合対照からの血清中で定量した。 ケラチノサイト解離アッセイを用いて、PVにおけるIgG病原性をブロックする際のIgG4枯渇の有効性を決定した。

結果 Dsg特異的抗体は、PVXおよびPFを有する患者における総IgG7の1・4%および2・4%の中央値を含み、IgG4対IgG1において8倍および4倍の濃縮を有した。 年齢が一致した対照と比較して、PVおよびPFを有する患者において、全血清IgG4(しかし、他のIgGサブクラスは濃縮されなかった)P = 0・004 P = 0・005)。 ケラチノサイト解離アッセイにおいてPV血清のIgG4枯渇は病原性を減少させ、アフィニティー精製IgG4は他の血清IgG画分より病原性が高いことを示した。

結論 Dsg特異的自己抗体はIgG4において有意に濃縮されており、これはいくつかの天疱瘡患者の全血清IgG4の濃縮を説明することができる。 有益な免疫抗体よりもむしろ自己免疫性を優先的に標的とすることにより、IgG4を標的とした治療法は、天疱瘡に対してより安全な治療法を提供する可能性がある。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11144.x/abstract

背景:天疱瘡尋常性天疱瘡(PV)および天疱瘡は、デスモグレイン接着タンパク質を標的とする自己抗体によって引き起こされる潜在的に致命的な水疱性疾患である。 以前の研究では、天疱瘡における抗デスモグレイン抗体のIgG4> IgG1優勢が示されている。 しかしながら、天疱瘡における全血清IgG4レベルを調べた研究はない。 IgG4は、慢性の抗原刺激によって誘発され、これは持続的な皮膚ふくれで起こり、天疱瘡患者の他のIgGサブクラスと比較して全血清IgG4を潜在的に上昇させる可能性がある。 目的:本研究の第一の目的は、天疱瘡患者における総及びデスモグリン特異的IgGサブクラスを定量することであった。 方法:IgGサブクラスおよびデスモグレイン特異的IgG1およびIgG4を、サブクラスELISAを用いて、PV、PFおよび年齢適合正常血清中で定量した。 ケラチノサイト解離アッセイを用いて、PV IgGの病原性を阻止する際のIgG4枯渇の有効性を決定した。 結果:Desmoglein特異的抗体は、PVXおよびPF患者における全IgG7.1の4.2%および4%の中央値を含み、IgG8対IgG4における4倍および1倍濃縮を含んでいた。 年齢が一致した対照と比較して、PVおよびPF患者では、全血清IgG4(しかし、他のIgGサブクラスは濃縮されなかった)(p = 0.004およびp = 0.005)。 ケラチノサイト解離アッセイにおいてPV血清のIgG4枯渇は病原性を減少させ、アフィニティー精製IgG4は他の血清IgG画分より病原性が高いことを示した。 結論:Desmoglein特異的自己抗体はIgG4で有意に濃縮されており、いくつかの天疱瘡患者における全血清IgG4の濃縮を説明することができる。 有益な免疫抗体よりもむしろ自己免疫性を優先的に標的とすることにより、IgG4を標的とした治療法は、天疱瘡にとってより安全な治療法を提供する可能性がある。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22803659?dopt=Abstract