タグのアーカイブ: ひらめき

天疱瘡は生きるのに厄介な病気になることがありますが、寛解している多くの患者がインスピレーションを得ています。これはサリーの話です:

私は今1年以上にわたって寛解しています(はい!!!)。 それは症状も薬もない完全寛解です。 私は2004で診断され、まずはCellceptと組み合わせられたプレドニゾンの用量を変化させたローラーコースターに乗り、次にImuranに乗った。 多くの浮き沈み、4年の薬、そしてプレドニゾンの非常に遅いテーパの後、私はすべての薬を使い切ることができ、過去1年間は素晴らしいことをしてきました。 私の治療は、彼の知識と思いやりに非常に感謝しているアンハルト博士と一緒でした。

私はIVIGやリツキサンをやったことは一度もありませんでしたが、これらの治療法については、私がやっていた薬ではうまくやっていなかったので、選択肢として議論されました。 しかし、私は亜鉛やナイアシンアミドを一度も服用していないと言わざるを得ないので、私はそれに対して寛解しなければなりません。

私はリツキサンやIVIGのような代替療法があることは素晴らしいことだと思います。 ほとんどの場合、これらの治療法は伝統的な療法にうまく対応していない患者に使用されています。 私は、激しい戦いを持ち、プレドニゾンや免疫抑制療法にうまく反応しなかった人々がいることを知っています。 私はそれがこれらの他の治療法が作用する時だと思います。

私はサプリメントを使用することは非常に素晴らしいことができ、それがいくつかのために働く場合、それは素晴らしいことだと思います。 しかし、私はいつも誰にとっても十分だとは思わない。 そして、私はこの病気で、治療と旅は私たちのために異なると思います。

ストーリー: http://pemphinremission.com/