タグのアーカイブ: 表皮内

By Robert Jordon、MD
教授および会長、皮膚科、
テキサス大学
ヒューストン、テキサス州

歴史的展望

天疱瘡という用語は古代の世界で最も使用されていたが、最初に記録されたのはヒポクラテス(460-370 BC)によるもので、天疱瘡熱を「奇形虫(pemphigodes pyerto)」と記載していた。Galen(AD 13 1-201) 1637では、Zacutusは短期間の水疱を有する患者を記述するために、再び「febris pemphigodes」という用語を使用しています。 DeSauvages(1760)は、高熱および短期間の水疱を有する患者を「天疱瘡」と記載した。上記の症状のいずれも真性天疱瘡とはみなされず、その病気は短期間であり、すべての患者が回復した。