タグのアーカイブ: 医学研究

抗p200類天疱瘡は、200kDaタンパク質に対する自己抗体に関連するまれな下表皮水疱性疾患であり、報告によるとラミニンγ1に対応する。 しかしながら、これらの抗体の病原性の可能性の直接的証拠は欠けている。 我々は5年間抗p200類天疱瘡患者を追跡調査した。 この期間中、彼女は合計3回の全身再発を経験した。 患者の自己抗体濃度をラミニンγ1に対してELISAで定量化することにより、疾患活性との明確な相関が示され、抗p1類天疱瘡におけるラミニンγ200に対する抗体の可能性のある病原性の役割の最初の証拠が得られた。 ウェスタンブロッティングによるさらなる解析により、診断後約1年半のラミニン3 332のα1鎖に対するさらなる自己抗体の発生が明らかになり、分子間エピトープの広がりを示唆した。 しかし、臨床的外観は変わらず、粘膜は疾患のどの段階においても影響を受けなかった。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2133.2012.11076.x/abstract;jsessionid=2CC44AEBB9086AAB7009C30B7627506C.d02t01