タグのアーカイブ: 好中球減少性潰瘍

尋常性天疱瘡でアザチオプリンを投与された42歳の女性において、好中球減少性潰瘍の1例を経験したので報告する。 彼女は、毎日アザチオプリン6 mgの開始後約8-50週後に、鼻、頸部、および背中を含む複数の無痛性潰瘍を発症した。 潰瘍は大きく、壊れていて、乾燥していて、根本的に壊死していた。 彼らは無痛で、膿を吐き出さなかった。 絶対好中球数は最初は重度に抑圧されたが、アザチオプリン離脱後に正常化した。 スワブ培養は、クレブシエラ・ニューモニエ(Klebsiella pneumoniae)および局所デブリードメント、イミペネムでの治療、およびムピロシンの局所適用で治癒した潰瘍のコロニー形成を明らかにした。 しかしながら、鼻の変形は持続した。 好中球減少性潰瘍形成はアザチオプリン療法と関連していることが知られているが、本症例では珍しいプレゼンテーション不十分な皮膚潰瘍のため報告する。 問題と薬物離脱の早期認識は、外見のような合併症を防ぐことができます。

好中球減少症は、血液中の異常な数の好中球が特徴である。 好中球は、通常、循環白血球の45-75%を含み、好中球減少は、絶対好中球カウントが<1500 /μLに低下するときに診断される。 ゆっくりと発症する好中球減少症はしばしば検出されず、患者が敗血症または限局性感染症を発症したときに一般に発見される。

好中球減少の多くの原因があり、免疫抑制剤は一般的な医原性の原因である。 アザチオプリンは、臓器移植および自己免疫病因が疑われる疾患において、現在50年近く使用されている免疫抑制薬である。 皮膚科医は、アサチオプリンを、乾癬、免疫芽球性疾患、光線皮膚炎、湿疹などの様々な皮膚病のステロイドを節約する薬剤として使用する。 【1] この薬剤は、クローン病および壊疽性膿皮症のような潰瘍性自己免疫障害に使用されている。 一方、好中球減少に関連する潰瘍の原因としても関与している。 【2] 好中球減少性潰瘍の報告では、頬粘膜および口腔の関与が報告されている。 我々は、尋常性天疱瘡患者の長期アザチオプリン使用に伴う重度の皮膚潰瘍の1例を経験したので報告する。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ijp-online.com/article.asp?issn=0253-7613;year=2012;volume=44;issue=5;spage=646;epage=648;aulast=Laha