タグのアーカイブ: 病原性

最も一般的な自己免疫性水疱性疾患である水疱性類天疱瘡は、XVII型コラーゲンに対する自己抗体によって誘導される。 動物へのXVII型コラーゲンに対するIgGまたはIgE抗体の受動的伝達は、これらの抗体の病原性だけでなく、補体活性化、肥満細胞脱顆粒および好中球および/または好酸球の浸潤を含むその後の免疫応答も明らかにした。 XVII型コラーゲンの外部ドメイン排出に関するインビトロ研究はまた、水疱性類天疱瘡の発生に関する基礎知識も提供している。 XVII型コラーゲンに対する病原性自己抗体の発生における自己反応性CD4 + Tリンパ球の病原性の役割にも留意すべきである。 (出典:北米の免疫学およびアレルギー診療所)
MedWormの質問から:類天疱瘡 http://www.medworm.com/index.php?rid = 6018238&cid = u_0_3_f&fid = 33229&url = http%3A%2F%2Fwww.immunology.theclinics。com%2Farticle%2FPIIS0889856112000161%2Fabstract%3Frss%3Dyes