タグのアーカイブ: 病態生理学

Koga Hによる研究を興味深く読んだ 1 私たちのデータ(表1)を含む最近の観察に照らして、水疱の局所化の説明としての「デスモグレイン補償理論」を再考すべきであると考えている 2,3,4。 自己抗体によるデスモグレイン依存性細胞接着の破壊は、天疱瘡の水疱形成の基礎となる基本的な病態生理である 2-4臨床的スペクトルは、この病原性過程を常に反映しているとは限らない。 3種類の臨床型の天疱瘡が記載されており、粘膜優性、皮膚および皮膚粘膜型 2 3,4 ,, .
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bjd.12012/abstract

Sergei A. Grando、MD、Ph.D.、D.Sci。
皮膚科学教授
カリフォルニア大学デ​​ービス校
NPF諮問委員会メンバー

私の研究の目標は、より安全でより合理的な天疱瘡の治療法を開発することです。 私は、天疱瘡患者のケアをしている医師が、長期間の高用量のコルチコステロイド療法の使用に関連する重篤な副作用のリスクを受けなければならないと深く心配しています。

他の自己免疫状態のための非ホルモン療法の開発における最近の進歩にもかかわらず、天疱瘡の治療は大部分がコルチコステロイドホルモンに依存したままである。 この疾患の発症に関与する基本的なメカニズムを理解していると考えたため、天疱瘡の新しい治療法の開発が進んでいないことは皮肉なことです。 しかし、おそらく私たちの理解は間違っていた可能性があり、おそらくこの誤解は治療の進歩を妨げていたでしょう。