タグのアーカイブ: 患者物語

私が経験したことを正確に知っている人、新しい病変ごとに起こる瞬間的な恐怖と怒りを知っている人、正午に日陰のある場所を見つける方法を発見した人とだけ(患者教育会議で)時間を過ごしました驚くほどの快適さ。

私は、自分の身近な家族以外に、自分が自己免疫疾患にかかっていると言ったことはありませんでした。 私は弱いように見えたり、異なる扱いを受けたりするのを恐れていたので、汚い秘密のように隠しました。 特に医学の学生として-私たちは患者ではなく、患者を治療することになっています。

Patient Journey Series、Story 2:RudyはIPPFに接続します。 「私のピアヘルスコーチは、私が頼りにできる特別な人になりました。 彼女は励ましの言葉を提供し、私が一人ではないことを知らせてくれました。

患者ジャーニーシリーズへようこそ。ストーリー1、ハリマの診断。 「私の症状は2018の4月の初めに始まりました。 私の口は炎症を起こし、両側に痛みを伴う水疱があり、飲食が非常に困難になりました。 何が自分の症状の原因なのかわからなかったので、4人の異なる医者に行きました。

昨年は非常に重要な一年となっています。 私はジャーナリズムの準学士号を取得したばかりで、秋には4年制の大学に転職してBAを務めることになりました。その上で、私は2月に21に転身し、若い成人期のすべての魅力的なことを楽しみにしていました提供しなければならなかった。 まったく同じ月に、すべてが変わった。

シェロン・ウィリアムソンの天文学診断への旅は、7月に2014の歯が磨かれるたびに口が出血し始めた時から始まりました。 多くの診断されていないP / P患者と同様に、シャロンは最初に彼女の歯科医と症状を分かち合った。 この歯科医はSharonの症状を認識せず、より頻繁に鞭を打つように彼女に言いました。