タグのアーカイブ: 尋常性天疱瘡

臨床段階のバイオテクノロジー企業であるCabaletta Bio、Inc.は、B細胞媒介性自己免疫疾患患者の治療のための操作されたT細胞療法の発見と開発に焦点を当て、今週、治験薬の認可を受けたことを発表しました( IND)安全性を評価するために、尋常性粘膜天疱瘡(mPV)患者のデスモグレイン3キメラ自己抗体受容体T細胞(DSG3-CAART)のヒト初の臨床試験を開始するための米国食品医薬品局(FDA)からの申請これらの患者におけるDSG3-CAARTの忍容性。

ミナタラーの物語:

私たちは、歯科医が実際にこれらの物語の中で役割を果たしているわけではないという印象を受けていました。医師に紹介するだけですよね? 違う。

すぐ近くで優れたケアとサポート(さらには輸液センター)を持っていると、安心感と幸福感が得られます。そのサポートは、道を見つけたIPPFに直接遡ることができます。 ありがとう、IPPF!

私が経験したことを正確に知っている人、新しい病変ごとに起こる瞬間的な恐怖と怒りを知っている人、正午に日陰のある場所を見つける方法を発見した人とだけ(患者教育会議で)時間を過ごしました驚くほどの快適さ。

IPPF患者教育者兼尋常性天疱瘡患者であるEllen Levineが、IPPFとの協力でハーバード大学医学部長のコミュニティサービス賞を受賞したことを発表しました。

ジェネンテックのロゴ

Genentechは今週、中等度から重度の尋常性天疱瘡の成人におけるミトフェノール酸モフェチル(MMF)と比較したRituxan®(リツキシマブ)の有効性と安全性を評価するRocheが後援する第III相PEMPHIX試験の結果が肯定

欧州連合の旗の画像

15、2019、3月にロシュは欧州委員会が皮膚および/または粘膜の進行性の痛みを伴う水疱形成を特徴とするまれな状態である中等度から重度の尋常性天疱瘡(PV)の成人の治療にMabThera(R)を承認したと発表。 広範囲の水疱形成は、致命的な致命的な水分喪失、感染および/または死亡につながる可能性があります。

2、2019、Principia Biopharma Inc.(Nasdaq:PRNB)は、免疫学および腫瘍学において未解決の大きな医学的ニーズを持つ患者にトランスフォームトな経口療法を提供することに専念していると、ワシントンDCで開催された米国皮膚科学アカデミー(AAD)年次総会での最新研究の一部としてのPRN2のPV研究

細胞のイメージ

22、2019、Principia Biopharma Inc.(Nasdaq:PRNB)は、免疫学と腫瘍学において未解決の医学的ニーズを持つ患者にトランスフォームトな経口療法を提供することに専念していると発表しましたワシントンDCで開催された2019アメリカ皮膚科学アカデミー年次総会での最新研究

私たちの研究室では、免疫系がデスモグレインに対する抗体を生成するという、尋常性天疱瘡と呼ばれる希少で衰弱性の自己抗体媒介疾患を研究しています。デスモグレインは皮膚細胞をまとめる原因となるタンパク質です。