タグのアーカイブ: スクリーニング

この研究は、高血糖の日常的なスクリーニングの重要性を強調し、長期の全身性コルチコステロイド(CS)療法に対する天疱瘡患者の管理のための標準化されたエビデンスベースのアプローチを開発することを目的とした。 尋常性天疱瘡、尋常性天疱瘡、または粘膜類天疱瘡の診断が確定している200患者のサンプルを用いて、2つの大学付属病院で横断研究を行った。 すべての患者は全身性CS療法を受けていた。 合計150患者がこの調査に回答した。 6人の参加者が除外され、144が含まれていました。 主なアウトカム指標は、高血糖を検出するための血糖値であった。 CS治療を受けた患者の40%において新たに発症した高血糖が確認された。 年齢、体格指数、糖尿病の家族歴、コルチコステロイド投与量、コルチコステロイド治療期間などの予期される変数のいずれも、新たに発症した高血糖症とは独立していなかった。 これらの知見は、天疱瘡患者におけるCS誘発性高血糖の有病率は40%であり、天疱瘡またはMMP患者では、CS治療は高血糖症の顕著なリスク増加と関連していることを示している(オッズ比= 10.7、95%信頼区間1.38-83.50 )であり、CS療法を受けていない同じ疾患の患者のそれと比較して高い。

完全な記事は以下から入手可能: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-4632.2012.05470.x/abstract

自己免疫性水疱性疾患の治療のための標準的なガイドラインはないが、アザチオプリンは、後天性自己免疫性水疱性疾患において良好な有効性を示し、耐容性が良好である。 アザチオプリンの副作用は、通常、軽度の変異体において生じる。 重度の反応は、チオプリンS-メチルトランスフェラーゼ(TPMT)またはイノシン三リン酸ピロホスホヒドロラーゼ(ITPA)活性の低下によるものである。 したがって、TPMT活性のスクリーニングは、白人患者およびアフリカで実施されるべきであるが、アザチオプリンが開始される治療前に、日本人はITPA活性についてスクリーニングされるべきである。 アザチオプリンは、天疱瘡の治療に臨床的に有意義である。 (出典:北米の免疫学およびアレルギー診療所)

http://www.immunology.theclinics.com/article/PIIS0889856112000240/abstract?rss=yes