タグのアーカイブ: 外科的切除

目的:

胸腺腫は、比較的まれな腫瘍です。 本研究では、胸腺腫の外科的切除を受けた患者の臨床的特徴を検討した。

患者と方法:

この研究では、54と1994の間で私たちの部門で胸腺の外科的切除を受けた2006連続患者を臨床病理学的に評価しました。

結果:

完全切除は52患者で行われたが、2人の患者は胸膜播種により不完全な切除を受けた。 肺(n = 6)、心膜(n = 5)、および大血管(3つの上腕静脈、2つの上大静脈)について、隣接する器官との複合切除を行った。 自己免疫疾患は20患者(37%)で認められ、17患者に重症筋無力症、1例にマクログロブリン血症、1例に尋常性天疱瘡、1例に硬い人体症候群が認められた。 世界保健機関(WHO)分類の組織型は、4人の患者でタイプAと診断され、タイプABは14、タイプB1は8、タイプB2は15、タイプB3は11であった。 Masaoka stage I、II、III、IVの27、17、8名、2名の患者がいた。 4人の患者が死亡し、死因には2人の胸腺腫、1人の胃癌、1人の患者の重症筋無力症による呼吸不全が再発した。 10年の全生存率はステージIおよびIIの疾患の患者では94.6%であり、ステージIIIおよびIVの疾患の患者では77.1%であった。

結論:

手術後の切除が巨視的に完了した場合、初期ステージの患者だけでなく、ステージIIIおよびIVの病気の患者にとっても、長期生存が期待できる。

完全な記事は以下から入手可能: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23063086?dopt=Abstract